ENGINE online/エンジン オンライン

ケイタラム・スーパーセヴン導入!


CATERHAM SUPER 7
クリックすると拡大
CATERHAM SUPER 7



ハダカの世界を、翔ぶがごとく。


イギリスの地で営々とつくられるネイキッド・スポーツカー、
スーパーセヴン、編集長の担当車として登場!
文=鈴木正文(本誌) 写真=望月浩彦



最後の夢?

 スーパーセヴンの日本の輸入元、紀和商会がむかし自動車雑誌に出していた広告コピーは、たしか「クルマ好きの最後の夢」とか「見果てぬ夢」とかいうものだった、という覚えがある。どっちにしても、スーパーセヴンを日常的にドライブするのは、「夢」のように非現実的でもあれば、ある種の「夢」のようにぜひかなえたいものでもある、という二重のメッセージを、僕はそのコピーから受け取っていた。そしてとうとう、クルマ好きのはしくれとしての「夢」を、僕はかなえることができた。昨年12月、紀和商会から、ケイタラム・スーパーセヴン・ネオ・クラシックを、僕担当の長期リポート車として購入したからだ。
 といっても、「ネオ・クラシック」なる機種はすでに紀和商会では輸入していない。ケイタラム社のカタログにいまのところ残っていても、ローバーKシリーズのDOHC16バルブ4気筒、1.4リッター、120psをフロント・ミドに搭載するそれは、すでに生産終了となっているからだ。こんかい32号車として長期テスト・フリートに加わったのは、昨年8月に登録ずみのいわゆる「新古車」で、価格は390万円。このなかには、本来オプションの4点式ロール・オーバー・ケイジ、ボディ左右にマウントされるサイド・ミラー、そしてヒーターがふくまれる。
 CSRと呼ばれる203〜264psまでのスーパー・モデルを別にすると、ケイタラム社が現在カタログに載せているモデルのうち、もっともベーシックなのは「クラシック」で、32号車とおなじ1.4リッターのKユニットを積むが、106psとチューンは低い。次はフォードの1.6リッター・シグマ・ユニットを積む127psと142ps、そして1.8リッターKユニットの167psがある。車重はおおむね550kg内外と、普通のスポーツカーの半分以下。だから、出力の数字を倍にすると、だいたいの速さの目安になるかもしれない。ちなみに、32号車の場合、120ps/6000rpm、13.1kgm/5000rpmの心臓は、5段MTを介して530kgの2座オープンに0-100km/h 6.7秒という、ほぼポルシェ・ボクスター並みの加速タイムを与える。
 しかし、それは数字上の話で、ドライバーが感じるスピードはそれよりずっと速い。というか、速さの質がまるで異なる。ボクスターが野球のボールだとすれば、スーパーセヴンはゴルフ・ボール、おなじスピードでも羽が生えて飛ぶかのようだ。おまけに、3380×1580×1090mmの超コンパクトなボディは、ほとんどじぶんの身体そのものといっていい自在感をもたらす。
No.32 CATERHAM SUPER 7/32号車 ケイタラム・スーパーセヴン
フロント・カウルと前後のサイクル・フェンダーはブリティッシュ・レーシング・グリーン、それにダッシュボードとインナー・パネルの真っ赤なフェイシア、というコンビネーションは、いたってオーソドックスなイギリス流。
地べたスレスレに低く座るドライバーは、幌を降ろしていれば、天地の低いガラスの風防によって辛うじて風の直撃を免れているだけなので、その疾走感はつねにネイキッド、強烈なドライバーに引っぱたかれて低くまっすぐ地を這わされるゴルフ・ボールになったかのような一途さだ。ゆえに、たとい120psバージョンのスーパーセヴンであっても、なんの装飾もないハダカの速度そのものを知ることができ、そのハダカの速度なるものがともなう刺激の強烈さを知って、それに病みつきになる。


助手席サイドの集合管、13インチのミニライト・アロイ・ホイールがスーパーセヴン・ワールドである
助手席サイドの集合管、13インチのミニライト・アロイ・ホイールがスーパーセヴン・ワールドである。F1のような小径のノン・パワー・ステアリングは、さして重くない。ドアはないが、いまは冬なので、通常はサイド・カーテンを立てて乗っている。


幌をしないワケ

 それには幌はしてはならない。外界とじかに接して、じぶんのカラダそのものを、この世界の3つの次元のただなかに生じた、スピードという第4の次元とのインターフェイスにすればこその刺激が快楽になるからだ。もちろんそれは、ある種の身体的苦難を伴う。しかし、苦のないところに楽はなく、楽あるところにはかならず苦があるのだ。
 いずれにせよ、公道走行許可証であるナンバー・プレートをぶら下げて、天下の公道のど真ん中で白昼堂々と、そんな異次元とまじわることができるクルマは、スーパーセヴンをおいてほかにない。せっかくセヴンを手に入れたのだから、できるだけいつでもステアリングを握り、ステアリングを握る以上はオープンで走らなければ、もったいない。
 ということで、12月下旬に納車されて以来、僕はウィークデイの移動を、幌なしのスーパーセヴンで、官能がしびれる爆音を聞きながら陶然とおこなうようになった。わずか数キロの用足し移動であっても、セヴンのなかに身体を沈めれば、そこに成就するのは異次元との交流だから、この世にいながらあの世を味わっているようなものだ。
 そんな日々の快楽が要求する代償や、非日常を抱え込んだ日常の実態などについては、次号から逐一、報告していく。お楽しみに。
CATERHAM SUPER 7
CATERHAM SUPER 7
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
volvo S60 Polestar/ボ…
ボルボS60ポールスターをベースとするレーシング・カー、TC1でWTCCを戦うポールスター・シアン・レー…
WATCH/時計
A.ランゲ&ゾーネ今月…
最高峰の技術を集大成した複雑時計と人気モデルのアップデートでブランドの魅力を新たにした今年。
WATCH/時計
オーデマ ピゲラグジュア…
今年は定番「ロイヤル オーク」が持つデザインの発展性を追求。基本的なスタイルを堅持しつつ、ディテ…
WATCH/時計
ヴァシュロン・コンスタ…
世界一複雑な時計「リファレンス57260」で披露した超絶技術の流れを汲むハイエンドの新作をずらりと揃…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。