ENGINE online/エンジン オンライン

空荷でも跳ねない脚


No.37 RENAULT KANGOO /37号車 ルノー カングー

新車価格 612.35万円
導入時期 2007年7月
走行距離 7489km




後席だって快適です


ある読者の方から後席の乗り心地はどうですか? というお便りをいただきました。
今回は、その質問にお答えしたいと思います。心配ありません。後席も快適です。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=小野一秋







貨客兼用車の常識を超える
 カングーはそもそも貨客兼用車輌として基本設計が行われたクルマです。貨物専用として開発されたクルマではないわけです。当初から乗用車として使えるようにという意図が織り込まれていたのです。そもそも乗り心地(というよりもロードホールディング性能)についてはうるさいルノーが、乗用車としての要件を満たすように作ったクルマですから、乗り心地について心配する必要はまったくないのです。
 カングーは荷室容量が650〜2600リットルもあることから、いかにそれが乗用タイプであっても、リア・サスペンションがかなり硬いのではないかと心配したくなります。カングーのこの荷室容量は、日本の小型商用車に当てはめると、積載量400〜500kgクラスに相当するはずですが、日本のそうした商用車の空荷もしくは軽荷重時の乗り心地、とくに後席のそれは乗用車のそれに到底及ばないものです。不快かどうかはともかくとして、やたらに硬くてポンポン跳ねたり鋭い突き上げがきたりする。ライトバンを運転したことのあるひとなら誰でも知っているでしょう。
 ひるがえってカングーの場合は、たとえ空荷のときでも、下手な国産乗用車を寄せ付けない優れた乗り心地をしめします。基本的にフラットな姿勢を維持し、リアの突き上げもありません。開放V字断面のトーションビームで左右のフルトレーリングアームを剛連結したリアサスペンションは、スプリングにトーションバーを使っていること、大きなレバー比を取って強力な減衰力をもったダンパーを充てていることなどもあって、安手なピッチングを誘発することもありません。4m強と短い全長に対して相対的にかなり長い2.6mものホイールベースをもっていることも強みです。また上背のあるカングーはそもそも空荷状態でもリアにしっかりとした荷重が確保できているのもこの場合、有利に働いています。さらに、車輌重量の絶対値が1.2tというのも、カングーのようなディメンションのクルマにとっては軽すぎず重すぎずのちょうど塩梅のいいところにあるようです。
 奢られた構造のシートでなくても、人間の生理サイズに心地よい乗り心地が、カングーには備わっているのです。快適ですよ。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
FERRARI/フェラーリ CAR…
開幕前の予想を覆して、予選ではフェラーリが優位に立つ一方、決勝レースではこれまでにない接戦が繰…
NEWS
MORGAN/モーガンCAR PED…
1909年に創業した、生粋の英国資本スポーツカー、モーガン。そのモーガンがより身近になるうれしいニ…
NEWS
LEXUS/レクサスCAR PEDI…
日本での展開が開始されてから今年で13年目を迎えるレクサスが、ブランドの世界観をいろいろなカタチ…
NEWS
MITSUBISHI ECLIPSE-CROS…
1月末の雪の北海道でプロトタイプの試乗会が行われた三菱の新しいコンパクトSUV、エクリプス・クロス…
NEWS
Exposition of Vintage C…
日本を代表するファッション・ブランドであり、世界的に認められたモードの代名詞でもある「コム デ …
NEWS
LOTUS EVORA GT430/ロー…
ロータス史上最速のロードゴーイング・カー、エヴォーラGT430スポーツが上陸した。
NEWS
NISSAN SERENA/日産 セ…
現在、日本の自動車市場を支えている二大勢力のミニバンとハイブリッド。この2つを組み合わせた、あ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
必要十分条件を満たす典型的な小型2BOXカーのルーテシアに対して、同じプラットフォームを使いながら…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。