ENGINE online/エンジン オンライン

42号車、エコランに挑戦!


VOLKSWAGEN PASSAT VARIANT TSI COMFORTLINE
クリックすると拡大
VOLKSWAGEN PASSAT VARIANT TSI COMFORTLINE


大津に辿り着いた翌朝、残りの燃料が気になって、あまり走りまわることが出来なかったので、ベストな撮影ポイントとはいかないが、ひとまず琵琶湖をバックに記念撮影。



新車価格 345万円
導入時期 2008年4月
走行距離 1万8453km



満タンで、1000km!


VWの新世代エンジン、
1.8リッター直噴ターボを搭載する42号車で、
かねてから考えていたエコランに挑戦してみた。
文=塩澤則浩(本誌)



名古屋往復760kmを無給油

 42号車の燃料タンク容量は70リッター。満タンなら600km超は当たり前で、名古屋往復760kmを無給油で走ったこともある。いったいどこまで走れるのか。11月最後の連休を使い、エコランにトライしてみた。
 スタートは23日日曜日、午後4時30分。国立の自宅を出た時のトリップ・メーターは37.1km。これは前々日に編集部の近くで給油したためで、このまま国立インターから中央高速に乗って、とりあえず西へ向かった。目的地は決めず、燃料計の針が半分を指したところで折り返すという気ままなひとり旅である。


VOLKSWAGEN PASSAT VARIANT TSI COMFORTLINE/フォルクスワーゲン パサート・ヴァリアント TSI コンフォートライン
(写真左)11月23日午後4時30分。エコランのスタートは東京西部の国立市。気ままなひとり旅。
(写真右)トリップ・メーターが37.1kmと出ているのは、出発の前々日に新宿で給油したため。
暮れゆく中央高速。42号車のタンク容量は70リッター。半分の35リッターを消費したら折り返すと決めた。
 名古屋往復を無給油で走った時は、エコランではないので特に速度は意識しなかったが、今回は80km/h一定と決め、6段ATのギアはマニュアル・モードで6速ホールドとした。平坦地ならエンジンの回転数は1600rpmである。ひたすら速度計とにらめっこしながら、アクセレレーターを踏む右足に神経を集中する(間抜けな話で、クルーズコントロールを使えばいいということに気づいたのは帰路だった)が、山岳ハイウェイの中央高速の登りはきつく、オンボード・コンピューターが示す平均燃費は12km/リッター台とふるわない。
 燃費計の数値が劇的に改善したのは、塩尻ジャンクションで進路を名古屋方面に取り、飯田を越えたあたりからだ。小牧ジャンクションまで下りが続くとあって、13km/リッター台、14km/リッター台とグングン良くなる。名神高速へ入ると16km/リッター台に突入し、残りの燃料が半分となった折り返し地点の大津に辿り着いた時は16.9km/リッターを記録した。到着時間は23時30分。ちなみに大津までの走行距離は499.3kmである。


24日6時30分。大津到着翌朝の琵琶湖ホテルからの眺め
クリックすると拡大
24日6時30分。大津到着翌朝の琵琶湖ホテルからの眺め。大津の街とその先に比叡山の山並みが見える。疲れはナシ。42号車は立派なロングツアラーである。


 翌朝、琵琶湖周辺で撮影を済ませ、大津インターから名神高速に入り、東京を目指す。帰りは山岳路を避け、平坦な東名高速を選んだかわりに一定速度を90km/hにアップしたが、平均燃費は16km/リッター台をキープしたままほとんど変わらない。
 順調に距離を重ね、燃費も往路の最後と同じ16.9km/リッターをマークした直後、厚木で渋滞に突入。その後、一旦解消したものの、再び首都高で渋滞。たまらず池尻のランプで一般道に降りたが、ついに南青山で燃料警告灯が点灯した。警告灯点灯時の残燃料はおよそ8リッターである。新宿区矢来町にある編集部に到着したのは午後4時ちょうど。走行距離は998.5km。給油すると64リッターのガソリンを飲み込んだ。満タン法で計算すると最終の平均燃費は15.6kmリッターということになる。燃費もいい。1000km走っても疲れない。大したロングツアラーである。(塩澤)


フォルクスワーゲン パサート・ヴァリアント TSI コンフォートライン
(写真左)24日8時。琵琶湖ホテル駐車場をスタート。昨晩、宿泊場所を探して走り回ったためオドメーターは510kmだった。
(写真中)大津まで来た証拠を残そうと、琵琶湖の絶景ポイントをさがして、またしても走り回る。
(写真右)帰りは東名、もしくは中央か。決めかねたまま大津インターから名神高速へ。小牧ジャンクションで東名高速を選択。


(写真左)行きは存在を忘れていたクルーズコントロールを80km/hにセットすると、ご覧のように回転計は1600。
(写真右)試しにクルーズコントロールを90km/hにセットしてみると、1800rpmにアップ。その差200回転。


フォルクスワーゲン パサート・ヴァリアント TSI コンフォートライン
(写真左)24日10時40分。上郷SAで休憩。トリップ・メーターは683km。90km/hでも平均燃費は16.4km/リッターと良好。
(写真中)上郷SAで休憩。賞味期限改ざんで一時営業を自粛していた「赤福」を購入。伊勢方面のみやげはこれに限る。
(写真右)ついでにシャレで徳川家康キューピーと織田信長キューピーも買った。本当は金の鯱キューピーも欲しかった。


フォルクスワーゲン パサート・ヴァリアント TSI コンフォートライン
(写真左)厚木の渋滞が解消した後、再び首都高で渋滞に突入。ああ、みるみる燃費が悪化してゆく。
(写真右)渋滞を嫌って首都高を池尻で降りたが、ついに南青山で燃料警告灯が点灯。でもまだ走行可能距離は80kmある。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。