ENGINE online/エンジン オンライン

“6輪車生活”番外篇


アキバSpec Powered by ENGINE号
クリックすると拡大
(写真右上)僕らのママチャリ「アキバSpec Powered by ENGINE号」。
レギュレーションは、家庭用自転車に限り、カゴが装着されていなければならない。タイヤは26インチ以下。ギア付き可。装飾品を除く改造は不可で、電動は禁止。年齢制限はなく、こどもの場合はヘアピンでライダー交代ができるのも嬉しい。


新車価格 345万円
導入時期 2008年4月
走行距離 2万2060km



ママチャリ・グランプリで燃えてきました。


1月10日に富士スピードウェイで行われた「第2回ママチャリ日本グランプリ」。
去年の510チームから倍増の1053チームが参加。
F1よりママチャリだ!
文=塩澤則浩(本誌) 写真=北森涼介



 07年に続いて今年も行って来ましたママチャリ・グランプリ。早朝の富士スピードウェイは人で埋めつくされ、あちこちで朝飯用の煮炊きが始まる様は、まるで難民キャンプである。こんな状態で大丈夫か、と思っていたら案の定、8時30分のスタート時間になっても始まらない。なにせグリッドは“やる気順”だからコース上は大混乱。オフィシャルの絶叫アナウンスが響き渡るなか、10分遅れでようやくスタートした。
 このママチャリ・グランプリは、1周約4.5kmの本コースを7時間かけて何週できるかを競う耐久レースで、エントリーは最大12人まで。僕は、昨年同様、痛車軍団(クルマにアニメのキャラクターをペイントするアキバ系走り屋)に混じって参加したのだが、いやぁ、辛かった。凄かった。転倒、コースアウトして負傷者続出の下り坂の1コーナーは、スタビリティの低いママチャリだと速度コントロールが難しく、最終コーナーまでずっと上り坂が続く後半セクションは、ギアが少ない(僕らのは3段)ので息はゼーハー、太ももパンパン。でも、仲間とワイワイやりながらゴールを目指すのはすごく楽しい。結果は272位だったけれど、久しぶりに童心に帰って元気が出た。来年は編集部チームで出場するぞ!


(写真右)ヘルメットさえしていれば服装は自由。バイキンマンやモモレンジャーといった着ぐるみ系もあれば、パンツ一丁も。自衛隊員が走るとこんな感じになる。


VOLKSWAGEN|PASSAT VARIANT TSI COMFORTLINE
フォルクスワーゲン パサート・ヴァリアント TSI コンフォートライン
(写真上左)スタート前の大混乱。F1より盛り上がっている。
(写真上右)僕らのチームのキャンギャルならぬパイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップ(ディズニーのコンテストで優勝したことがあるらしい。さすがアキバ系)。
(写真中左)文字通り大車輪の活躍の自衛隊。こう見えて彼はレンジャーの教官。
(写真中右)コレが痛車。なかにはえびすサーキット常連のドリフターもいる。
(写真下左)チーム・ジ・エンジンのレーシングスーツで意地を見せたつもりの僕。
(写真下右)ご覧のように救急車も大活躍。


痛車軍団の仲間たち。なんと半分は屈強な自衛隊員
クリックすると拡大
痛車軍団の仲間たち。なんと半分は屈強な自衛隊員。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。