ENGINE online/エンジン オンライン

価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く


クリックすると拡大
購入価格 168万円
導入時期 2008年9月
走行距離 15万4800km

時間と手間が詰まってる


20年過ぎても最高の実用車として働き続ける44号車。
時間とともに味わいの増すモノを探しに行きました。

文=荒井寿彦(本誌) 写真=阿部昌也 協力=ストックバーグ/026-275-6105


 1992年型メルセデス・ベンツ300TEと過ごして4年になろうとしている。おおむね快調で、フロントグリルに輝く10万kmのバッジは「永久自動車」の証のようだ。さて、多くのモノは時間の経過とともに価値が目減りする。汚れや傷がつく度にどんどん減点されていく。44号車も査定額はないに等しい。しかし、44号車の品質の高さに日々感心する担当者は、使い込むほどに味わいの増す価値の下がらないクルマに思えてならない。そういうものを「一生モノ」と言うのだろう。時間が経っても価値が下がらない。逆に味わいが加点され、新品当時より価値が上がるものもある。職人の技術力が高い日本には「一生モノ」がたくさんあるかもしれない。日本の「一生モノ」を探しに出かけた。
 長野県千曲市の「ストックバーグ」はジーンズ・ブランド、「フラットヘッド」が手掛けるレザー工房だ。ハンドメイドのベルト、財布、バッグなどを製作している。生地、染め、縫製などにこだわったジーンズ同様、レザー製品にも徹底的なこだわりがある。なかでもスタッズ(ベルトなどを飾る鋲)やバックルに鉄を使用するのが特徴だ。
ストックバーグ  「一生モノ」鞄
写真の鞄をベースに、革の色やスタッズ加工などを特別にお願いした(右が設計図)「一生モノ」鞄を現在製作中。本体のレザーはディア・スキンで手触りが素晴らしい。
「鉄は硬くて加工が難しいうえに、保存も大変。現在は加工しやすいアルミ、ステンレス、ニッケルなどに取って代わられてしまいました。でも我々は鉄の素材感、重量感、経年変化による風合いにこだわりました。そのため、オリジナルの鉄素材を型から起して作っています」
 レザー・クラフト担当の徳永直考さんに促され、スタッズをレザーに打ち込んでみた。木槌を使った作業自体は難しくないが、打ち込んで裏側の爪を綺麗に噛ませるまでに結構手間がかかる。失敗は許されないので根気がいる仕事だ。
 イイモノにはこうした職人の時間と手間が詰まっているのだ。フラットヘッドに「一生モノ」の鞄をお願いする。出来上がりが楽しみだ。  帰路も絶好調だった44号車。このあとに悲鳴を上げるとは思いもしなかった。詳細は次号で。

ストックバーグ
(写真左、中央)職人の手により様々な素材を組み合わせデザインされたスタッズ・ベルト。裏側には綺麗に曲がった爪が見える。2穴の専用器具で穴を開ける。 (写真右)職人の手作業で仕上げていく。財布はセミ・オーダーも可能。詳しくはストックバーグへ。




(2012年9月号掲載)



 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。
WATCH/時計
ボーム&メルシエスイス…
シェルビー・コブラとのコラボ3年目の今年は、今まで以上にコブラのテイストを色濃く打ち出した。
NEWS
2月に授賞式が行われた…
アカデミー賞の歴史に残る大失態は、オスカー像を手にした『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが壇上…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年06月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年6月号
毎日が“移動祝祭日”になる、ライフスタイル・カーに乗ろう!



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。