ENGINE online/エンジン オンライン

五月晴れのもと開催された、年に1度のお祭りに参加する。


ALFA ROMEO MiTo 1.4 T Sport
クリックすると拡大


新車価格 285万円
導入時期 2009年9月
走行距離 2万2016km


アルフィスタの熱意に圧倒された!


今年で23回目を迎える由緒あるイベント、アルファ・ロメオ・デイ。
2010年はアルファ・ロメオが創立100周年ということで、様々な催しが行われた。
文=上田純一郎 写真=阿部昌也


 もっともっとたくさんのアルファ・ロメオと巡り会いたい、という願いが叶った。ENGINEミトと担当は5月8、9日に長野県の富士見パノラマリゾートで開催されたアルファ・ロメオ・デイに参加。会場に溢れるおよそ300台もの新旧アルファ・ロメオと会うことができた。
 事務局テントに顔を出すと、事務局長の黛健司さん(AROC:アルファ・ロメオ・オーナーズ・クラブ会員)が出迎えてくれた。
「気の合う仲間が集まって、アルファ・ロメオと週末を楽しむ。アルファ・ロメオ・デイはそんなイベントです。規模は大きくなっても人と人のつながりを大事にするスタンスは初回からそのまま。もともと特別な趣向は何もないイベントなんですよ」
 と黛さんは話す。でも今年はアルファ・ロメオの記念すべき創立100周年だし、特別な催しもあるでしょう? と訊くと、満面の笑みが返ってきた。その顔はイベントを仕切る進行役の顔ではなく、熱心な1人のアルフィスタのものだった。

輸入元によるニュー・モデルの展示も
輸入元によるニュー・モデルの展示も。
最新のブレラ・インディペンデントも来場
最後はスタッフが手を振ってお見送り
最新のブレラ・インディペンデントも来場!


  最後はスタッフが手を振ってお見送り。




カングーロ、こぼれ話

 アルフィスタとしての黛さんが企画したのが、11時から行われたトーク・ショウ。今年のゲストは実は本誌の鈴木前編集長。テーマは2008年の2月号〜5月号に4号にわたって連載されたアルファ・ロメオ・カングーロ物語である。
鈴木前編集長のトーク・ショウは大盛況。
鈴木前編集長のトーク・ショウは大盛況。
 手前味噌ながら、このトークを聞くことのできた人は幸運だったと思う。カングーロのベースとなったアルファ・ロメオTZ2がいかなるクルマなのかという説明にはじまり、長く続いたレストアの経緯、完成後シシリーのワインディング・ロードを走るカングーロの助手席からのインプレッションが話された。さらに各部のレストアにまつわるいくつものサイド・ストーリーなど、誌面で紹介されなかったことも語られたからだ。肌がジリジリ焼ける強い陽差しの下、大勢のアルフィスタが熱心に耳を傾けていた。トーク・ショウ終了までの約1時間、その場から立ち去ろうとする人は誰もいなかった。




ミトはブレイク前夜?

 会場でたくさんのアルファ・オウナーと語り会うことができたのはとても幸せなことだったけれど、悲しいこともあった。ミトがいないのだ。ENGINEミトと輸入元が持ち込んだ展示用の限定モデル、ミト・イモラをのぞくと、一般参加はわずかに1台。よほど人気がないのか……と思いきや、そうではないらしい。
 イモラには常に誰かが乗り込んでいるようだったし、取材をしたオウナーたちからは「ミトってどうですか?」と熱意のこもった逆取材を何度も受けた。どうやら2ペダル自動マニュアルの“TCT”とアイドリング・ストップを備えた新エンジンを搭載するミトが7月にデリバリーされるのを、今や遅しと待ち構えているようなのだ。すでに予約済み、という幸せな次期オウナーも会場にはいらっしゃった。
 これなら来年は、ミトの一団が大きなスペースを占めているかもしれない。2011年のアルファ・ロメオ・デイ開催は5月7、8日を予定しているという。


こんかい歴代アルファ・ロメオ52台が特別に展示された
こんかい歴代アルファ・ロメオ52台が特別に展示された。ジュリエッタSZはその1台。オウナーは片桐英晃さん(左)。
嶺井克文さんと祐美子さんはスッド・スプリントで参加
ブレラに乗る田中修さんは息子・有恒くんと参加
嶺井克文さんと祐美子さんはスッド・スプリントで参加。祐美子さんは7月発売の新しいミトが気になるとのこと。

ブレラに乗る田中修さんは息子・有恒くんと参加。彼の名は徳大寺巨匠より頂いたとか。当然かなりのクルマ通です。

イベントの最後に展示車両のアルファ・ロメオ8Cスパイダーを前に記念撮影が行われた
イベントの最後に展示車両のアルファ・ロメオ8Cスパイダーを前に記念撮影が行われた。この日の参加人数は600人以上。その後ろには見渡す限りアルファ! アルファ! アルファ!


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。