ENGINE online/エンジン オンライン

大御所ファッション・コーディネーター、シトロエンDS3に出合う。(後編)


DS3 シック/DS3 chic
クリックすると拡大
西山栄子さんは「西山栄子ファッションオフィス」代表。松屋銀座勤務時代に百貨店初のファッション・コーディネーターとなったという業界の草分け。写真右下は、西山さんのDS3ユーザーへの、これからの時期のリコメンド「ラフォン・フォーヴ」。3万1500円。ラフォンは、トレンドを追うよりも永遠のスタイルを模索するフランスらしい眼鏡ブランドだ。

西山栄子さん
「ラフォン・フォーヴ」

54号車 CITROEN DS3 chic

新車価格 249万円
導入時期 2011年1月
走行距離 11875km


最高のクリエイション


ファッション・コーディネーター、西山栄子さんに
“フレンチ・エスプリ”誕生のその訳を訊いた。
文=文=中村光宏(本誌) 写真=山下亮一


 東日本大震災で、東京中のガソリン・スタンドからガソリンが消えてしまった。ハイブリッド・カーには及ばぬものの、静かにエコランすれば、ストップ&ゴーを強いられる都内でもリッター15kmに迫るDS3シックの好燃費に救われている。
 以降、西山栄子さんによる後編は、東北関東大地震前に収録しました。


フランス革命

 春めいた日差しがうららかな中を颯爽と現れた西山栄子さんは、白いブラウスと黒いスカートというビジネスライクな格好だった。54号車をイメージしたという身なりの西山さんに54号車に乗ってもらった。
─運転してみてどうですか?
「実用車だというのが良く分かります。窓が大きくてとても乗りやすい。内装もとてもオシャレだから、乗っていて楽しくなりますね。フレンチ・エスプリに満ちている、と形容していいんじゃないかしら」
─フレンチ・エスプリはいつ、どうやってできたのでしょう?
「フランス革命に遡ると思います。(前号で)お話ししましたが、フランス文化は感性のレベルが高い大衆が支えているんです。革命によって人権が確立した大衆は、各々の生活の中で『自分』を主張するべく自らの感性、個性を磨いていきました。19世紀半ば、セーヌ県知事、ジョルジュ・オスマンは今のパリの姿を作りましたが、同時に古い建物を保存する規制もしたんです。以降、大衆はその反動のようにオシャレでモダンで個性的な実用品をドンドン作り出し、取り入れました。きっと古い建物は生活に不便だったんでしょうね。生活に根ざしたそんなことの積み重ねと、古いものに負けないという気持ちがフレンチ・エスプリを作り出す原動力になったと思います」
西山さんがドライブする54号車
クリックすると拡大
西山さんがドライブする54号車。「見切りがいいから、道路際に寄せるのも楽ですね」というコメントをいただいた。
─DS3も個性的です。
「パリコレに出てくるクリエイションは本当にバラバラ。私はこう思う、というものが出てきます。見る側も各々の基準で評価し、個性、多様性も認められます。集団が成功だけを模索して等質化するミラノやNYのコレクションとは全然違うんです。DS3は、乗ると普通のクルマなのに、とってもモダンでオシャレで楽しくなる。こうしたら実用車も楽しいぞってフランス人が考えた、最高のクリエイションだと思いますよ」


 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH/時計
A.ランゲ&ゾーネ今月…
最高峰の技術を集大成した複雑時計と人気モデルのアップデートでブランドの魅力を新たにした今年。
WATCH/時計
オーデマ ピゲラグジュア…
今年は定番「ロイヤル オーク」が持つデザインの発展性を追求。基本的なスタイルを堅持しつつ、ディテ…
WATCH/時計
ヴァシュロン・コンスタ…
世界一複雑な時計「リファレンス57260」で披露した超絶技術の流れを汲むハイエンドの新作をずらりと揃…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。
WATCH/時計
ボーム&メルシエスイス…
シェルビー・コブラとのコラボ3年目の今年は、今まで以上にコブラのテイストを色濃く打ち出した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。