ENGINE online/エンジン オンライン

長期リポート艦隊にSTIが仕立てたSUVが登場。


No.56 SUBARU FORESTER tS/56号車 スバル フォレスターtS
クリックすると拡大

56号車 SUBARU FORESTER ts

新車価格 362.25万円
導入時期 2011年5月
走行距離 7365km

全長×全幅×全高は4560×1780×1660mmで、プラットフォームと足回りは基本的にインプレッサと共通。内装のデザインもインプレッサと同じ。2.5Lターボは、263ps/6000rpmの最高出力と35.4kgm/2800-4800rpmの最大トルクを発揮する。5ATはパドル・シフト付き。写真の左上に見えるのが、STI製のフレキシブル・タワーバー。






サーキットを走らせたい!


レガシィtSに続いて今度はフォレスターtS。STIのハシゴ乗りだ。
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦



 レガシィtSに続いて今度はSUVのフォレスターのtSを担当することになった。STIモデルのリポートは、インプレッサのR205に始まって、3台連続である。
 R205はエンジンにまで手を入れたフルチューンだったけれど、フォレスターtSは、レガシィtSと同じで、足回りと内外装にのみ手を入れたライト・チューン版である。ベースは、フォレスターのラインナップのなかでも最もスポーティなSエディションだ。
 先に、このSエディションについて少し説明しておくと、エンジンは2.5リッター水平対向4気筒ターボで、最高出力は263psもある。ほかのフォレスターが、2リッターのNAで148ps、2Lターボでも230psだということを考えれば、ダントツのパワーを誇る。ちなみにトランスミッションは、2リッターのNAとターボが4ATと5MTをそろえるのに対して、Sエディションは5ATのみ。2.5Lターボと5AT。実は、同じ組み合わせで大人気となったモデルがある。インプレッサWRX STIのAラインがそれだ。つまり、Sエディションはフォレスター版のAラインだというわけだ。



ご自慢の特殊パーツ

 そんなSエディションをベースに、足回りに磨きをかけたのがフォレスターtSである。ダンパーもスプリングも前後とも強化されたSTI製となり、いなしの効果を取り入れ、走りの質感を向上させるフレキシブル・タワーバーやフレキシブル・ドロースティフナーといったご自慢の特殊パーツももちろん抜かりなく装備されている。足回りが強化されているので乗り心地はハードだが、それでいてしなやかなところが自慢だ。そのあたりのところは直前までレガシィtSに乗っていたので、おおよその乗り味は想像できたけれど、最低地上高が高く、サスペンション・ストロークもたっぷりと確保できているおかげで、しなやかさにおいてはレガシィtSの上を行く。タイヤがM+Sのオールシーズンということもあって、乗り心地も良く感じた。
 だからと言って走りが退屈かと言えば、まったくそんなことはない。どちらかと言えばオトナのGTカー的な味付けだったレガシィtSと比べると、フォレスターtSの走りは断然元気があって若々しい。サーキットを走らせたい、とさえ思ったほどだ。エンジン・ドライビング・レッスンはコイツで走ります!

No.56 SUBARU FORESTER tS/56号車 スバル フォレスターtS
クリックすると拡大
No.56 SUBARU FORESTER tS/56号車 スバル フォレスターtS
クリックすると拡大


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。