ENGINE online/エンジン オンライン

EV普及に向けて、また一歩前進。


長期リポート:日産リーフ
クリックすると拡大
通勤途中のエネオスのスタンドで充電中のエンジン・リーフ。 とりあえずビジターとして1000円払った。


新車価格 376万4250円
導入時期 2011年10月
走行距離 6376km


ガソリン・スタンドの充電が完全有料化。


1月12日から全国ガソリン・スタンドのEV向け急速充電サービスが
有料化された。お金はかかるようになったけど、便利になります。

文=塩澤則浩(本誌)


 先日、通勤の途中で時々充電のために利用しているエネオスのガソリン・スタンドに立ち寄って、驚いたことがある。いつものように充電スペースにリーフを止めてケーブルをつないでも、充電が開始できなかったのだ。
 わけが分からずもたもたしていると、店員さんが、充電サービスの利用形態が変わったことをおしえてくれた。これまで無料(一部では有料。ただし小額)だったのが、1月12日から有料化されたのだという。
有料化を知らせるチラシ
店内には有料化を知らせるチラシがあった。会員になるとエネオス、出光、コスモ、シェルの各社で充電できる。
 充電するためには、エネオスEVチャージ・メンバーの会員になるか、その都度定額の料金を支払う必要がある。支払いは現金は受け付けず、クレジット・カード払いが原則だ。
 メンバー会員にはAとBの2つのプランがあり、Aはエネオスのクレジット・カード利用者向けで月額3000円。エネオス以外のクレジット・カードを利用するBプランは月額3500円である。もちろんどちらも充電し放題だ。
 一方、メンバー会員ではないビジターの場合は、1回の充電につき1000円の利用料を、やはりクレジット・カードで支払う。
 EVを営業車として使っていて、頻繁にスタンドの急速充電器を利用するような場合は会員になるとお得感があるけれど、自宅充電が基本で、たまにしかスタンドの充電器を使わないオーナーにとっては、会員でもそうでなくても割高に感じるかもしれない。これまでが無料だったからなおさらだ。エンジン・リーフのこの日の電池残量は、編集部までほんの少し不足しているくらいだったけれど、とりあえずビジターとして1000円払って充電した。


新たな実証実験がスタート

 これまでのインフラ整備をステップ1とすると、有料化の流れはステップ2と言えるだろう。高電圧を使用する急速充電設備の設置には200万円から700万円(扱う電圧量や規模によって異なる)程度が必要で、国や自治体の補助があったとしても、増設のためにはしっかりしたビジネス・モデルが必要だ。有料化によってさらなるインフラ整備も可能になる。今回は有料化と同時にEVサービス・ステーション・ネットワーク(EVSS)の実証実験もスタートした。これまで別々に事業を行っていたエネオス、出光、コスモ、昭和シェルの各社が、会員の相互乗り入れを行うというもので、実験に参加するスタンドはネットワーク化されウェブサイトやスマートフォン、携帯電話などで充電器の空き情報なども確認できるようになった。EVSS網はとりあえず東京と神奈川が対象だが、便利になることは間違いない。また一歩前進である。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CAMRY/トヨタ・…
トヨタがカムリをフルモデルチェンジ。アメリカで15年連続販売台数1位を獲得した人気のグローバル・…
Cars Driven/試乗記
NISSAN X-TRAIL/日産 X-…
新型エクストレイルの大きな変更ポイントは2つ。ひとつはフロントのデザイン変更。クロームで光り輝…
Cars Driven/試乗記
SUBARU LEVORG/スバルBR…
新しいプラットフォームの採用で、一躍スバルの看板車となったインプレッサ。でも、ちょっと待った。
NEWS
Mercedes-Benz AMG GT3R…
メルセデスAMG・GTの走行性能をさらに際立たせたGT・Rが日本で買えるようになった。
NEWS
ポルシェ911が一部改良。
ポルシェはすべてのモデルで年次改良実施。新型パナメーラから導入された車内でオンデマンド・サービ…
Cars Driven/試乗記
BMW 530e & 430iENGINE R…
新型5シリーズ・ツーリングと時を同じくして上陸したBMWの新作2台、530eと430iに乗ってみた。まずは…
NEWS
VW up!/VW アップCAR PE…
新型アップ!に内外装をSUV風に仕立てたクロス・アップ!が限定販売ながら追加された。
NEWS
Porsche 911 GT2 RS/ポ…
ポルシェ911に、GT3RSを超える新たな頂が現れた。高出力化だけでなく、軽量化にも拍車がかかった怪物…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。