ENGINE online/エンジン オンライン

空気抵抗と闘うリーフのデザイン。


クリックすると拡大

新車価格 406万350円
導入時期 2012年3月
走行距離 6123km

出目金のそのワケは?


リーフのデザインはどうみても魚類系。しかもヘッド・ライトが異様に出っ張った“出目金”である。いったいどうして?

文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 水泳選手にとって、好タイムが出せるかどうかは、肉体的なパワーもさることながら、水の抵抗をいかに少なくするかにかかっている。4大会連続のオリンピック出場を決めた北島康介選手でさえ、調子の悪いときは水の抵抗を壁のように感じるのだそうだ。そんな水の抵抗と比べたら空気の抵抗なんてたいしたことはない、と思うかもしれない。確かにフツーに生活していて空気抵抗を意識することはまずない。でも、ことクルマに関しては話は別だ。100km/hで高速道路を突っ走るクルマにとって空気はもはや水みたいなもの。抵抗の大小は燃費と運動性能の良し悪しに直結し、これがリーフともなると、影響は死活問題にまで発展する。大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、いたってまじめ。笑いごとではない。
ご覧のように出っ張ったヘッド・ライト・カバーはまさに出目金の様相。未来的ではあるが格好はいまひとつ。
ハラハラ・メーター

 リーフ乗りにとって一番大事な情報は、メーター・パネルに表示される残りの走行可能距離だ。いまでは慣れてしまったのでそれほどでもないが、乗りはじめた最初の頃は、あと何キロ走れるかドキドキするので勝手にこれをハラハラ・メーターと呼んでいた。というのも、スタートして10kmも走っていないのに、いきなり表示が20kmくらい減ったりする。高速道路だと減り方はもっと激しい。満充電のときならまだしも、電池が残り少ないときは目的地にたどり着けるか気が気でない。実際に走った距離とメーターに表示される残りの距離がシンクロしないのも違和感があった。あるとき日産のエンジニアにそのことをたずねると、「空気抵抗のせいです」という答えが返って来た。ガソリン・エンジン車に乗っているときは、たいして気にならない空気抵抗が、限られた容量の電池を精一杯大事に使うリーフにとっては大打撃になるというのだ。確かに、街中を40、50km/h程度で走行しているときは、実走行とメーターの表示はほぼシンクロしている。通勤で毎日高速道路を走るエンジン・リーフと違い、普段、街中を走り回っているだけでは空気抵抗損失に気づかないかもしれない。
 そんなワケでリーフのデザインには空気抵抗を減らすためのアイディアが随所に盛り込まれている。
特に興味深いのは横から見ると異様に細長いヘッド・ライトのカバーだ。測ってみると前後に90cmもあるこのカバー、実はボディ・パネルから最大で7cmも飛び出していて、立派な空力パーツとして機能しているというから驚く。まるで出目金の目のようなこのカバーでふた手に引き裂かれた空気は、みごとにサイド・ミラーを避けてリアへ流れる仕組みになっている。カッコいいかどうかはともかく、ミラーの抵抗さえ排除し、風切り音も抑えてしまうというこだわりが凄い。あっぱれである。


リース期間終了

 最後に報告がひとつ。わナンバーのレンタカーでスタートしたリーフのリポートだけれど、リース期間終了につき、今号から日産の広報車に入れ換わった。ひき続き57号車として6月末までリポートするつもりだ。 充電生活はまだまだ続きます。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
アルファ・ロメオのショ…
新しい時代の到来を感じられるのはクルマだけにあらず。ジュリア上陸に伴い、ディーラーも一新。その…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
待ちに待った新型ジュリアを国内で徹底試乗! アルファ・ロメオ新時代。
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。