ENGINE online/エンジン オンライン

北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。


ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニR.S. 01
クリックすると拡大
新車価格 245万円
導入時期 2012年2月
走行距離 1万4002km

北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。


いろいろなクルマを乗り継いで、今はトゥインゴ・ゴルディーニR.S.。
そんなクルマ通、増えています。理由を尋ねに、長野へ向かいました。

文=上田純一郎(本誌) 写真=阿部昌也 取材協力=カフェGT軽井沢


 5月号で紹介したゴルディーニ・オーナー、横浜の小柴繁男さんからの手紙はこう締めくくられていた。
「フジツボのマフラーのついた私のクルマと乗り比べて欲しいです」お言葉に甘えて59号車で小柴さんの山荘がある北軽井沢へ向かうつもりだったのだけれど、無理だった。取材直前、筑波サーキット・コース1000で右前タイヤを縁石にヒットさせてしまったのだ。大事をとってタイヤをローテーションし、そのまま工場入りした。詳細は次号以降で報告したい。
山荘の目の前にある峠道を楽しむ小柴さん。「(シャシー・カップに比べ)軟弱なシャシー・スポールですが、乗り心地は上等ですよ」
子供向けでも平凡でもない

 信濃追分駅からほど近いカフェでお会いした小柴さんの運転で、山荘まで20分ほどドライブをした。アップ・ダウンがあって、曲率の高いコーナーの続くワインディング・ロードを行く。スピーカーからはジャズが流れていた。シフト・ダウンのたびに、排気音がわずかに室内へ響くが、まったく耳障りな音が聞こえてこない。アクセレレーターを踏み込んだ時だけ、フォォーンというサウンドが聞こえてくる。「オススメですよ」と小柴さん。これは確かにいい。大人の仕立てだ。
 これまでいすゞ117クーペやシトロエンGS、同エグザンティア、アウディ80、ミニ・クーパー1.3i、VWポロ、ジープ・ラングラーと多種多彩なクルマを乗り継いできた小柴さん。
「控えめだけど重低音のサウンドが心地いい。ブルーの焼き色も外観とマッチしていますね」と小柴さん。価格は11万9800円だ。
現在はスバル・サンバーとフィアット500Cと今年1月にやって来たばかりのトゥインゴの3台体勢だ。その前に乗っていたポロを半年で手放して乗り換えた。500Cはツインエアのエンジンに惚れ込んで昨年手に入れた。もっぱら横浜で乗る。サンバーは軽井沢専用。スバル製の最終型を購入した。
「ポロはマジメで性能も良くて、日ハムの斎藤祐樹投手みたいでした。 それよりも田中マーくんみたいなトゥインゴの方が面白いと思って。乗せられている感じがするクルマより、ちょっとやんちゃな方がいい」
 同時期にミニ・クーパーSも試乗したが、車庫には収まらなかった。
「トゥインゴより乗り心地は柔らかでしたけど、軽井沢はミニだらけ。ありふれているのは嫌だった。
みんながみんなルイ・ヴィトンじゃない。そんなお国柄だからゴルディーニみたいなクルマが生まれたということもあるんじゃないかな。日本はお洒落なクルマ、少ないですね。子供っぽいのか、平凡なものしかない」
 トゥインゴは「写真を見たらグサっときて」と、最初は見た目ありきだったけれど、手元にきて、少し考えを改めた。学生時代はヨット部で、海の上で過ごしていたという小柴さん。ヨットは風や潮との対話がなにより大切だ。流れを読んで舵を操る。
「なんだか似てるんですよ。まるで路面と対話している感じがする」
 ステアリング・ホイールを通して伝わる感触をどう受け止め、どう応えるか。小柴さんの運転するトゥインゴは、結構なスピードにもかかわらず常にスムースで快適で、楽しかった。トゥインゴをはじめ、愛車たちが常に本領を発揮できる環境が身近にある生活。小柴さんのところへ嫁いだトゥインゴを、59号車は羨ましがったに違いないな、と思った。



(2012年9月号掲載)



 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ZENITH/ゼニスCollabora…
1969年、初代レンジローバーが発表された同じ年、機械式クロノグラフ・ムーブメント 「エル・プリメ…
WATCH/時計
ゼニスENGINE WATCH CLUB…
ランドローバーとのコラボレーションやオールド・カー・レースへの参戦など、クルマの世界に急接近中…
WATCH/時計
パルミジャーニ・フルリ…
2004年にブガッティと提携。
WATCH/時計
ボヴェ・ピニンファリー…
ピニンファリーナとの提携は2007年から。昨年コレクションに加わった「オタンタ セイ」は、ピニンファ…
NEWS
今年は東京モーターショ…
パリ・モーターショウとは打って変わってスーパーカー、スポーツカーの祭典となったジュネーブ・モー…
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
アルピーヌというフランスにとって久々の話題作のデビューを邪魔しないようにと申し合わせたかのよう…
NEWS
ニューモデル・ラッシュ…
まずはアウディ。今回、スポーツ路線で押していたアウディはRS3スポーツバックのフェイスリフト版も持…
NEWS
ETTINGER/エッティンガ…
車検に対応するのはもちろんのこと、装着後もディーラーでの整備も受けられるゴルフ用純正チューニン…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。