ENGINE online/エンジン オンライン

非の打ち所が見つからない。


クリックすると拡大
AUDI A6/アウディA6アバント


日本上陸した新型アウディA6アバントに乗る。

非の打ち所が見つからない。

アウディのミドル級ステーションワゴン、新型A6アバントが上陸。
その走りっぷりを、さっそく試乗会で試す機会を得た。

文=村上 政(本誌) 写真=佐藤正勝 撮影協力=富津ブリストルヒル ゴルフ&レジデンス


 日頃からファミリー・カーとしてアウディA4アバントを愛用する身としては、その兄貴分にあたるA6アバントの動向が気にならないわけがない。いよいよ新型が日本上陸し、試乗会が開かれると聞いて、締め切り直前に駆け込みで乗ってきた。
 試乗したのは、2.8FSIと3.0TFSIの2種類あるモデルのうちの後者で、直噴3リッターV6スーパーチャージャーを搭載する。試乗コースは、東京・汐留にあるホテルから、東京湾横断道路を通って千葉県富津市にあるゴルフ場までの往復。
 
クリックすると拡大
 まず、走り出しから印象的だったのは、エンジン、トランスミッションから足まわり、ステアリング・ホイールまで、クルマのすべての動きのスムーズさだ。低速時から十分なトルクを発生するエンジンは、さほどスロットルを開けなくとも、約1.9tの大柄なボディをなんのストレスもなくスッと前に押し出していく。押し出すと書いたのは、クワトロ4WDシステムが後輪により多くのトルクを配分するようになっているからで、運転感覚はどちらかというと後輪駆動に近い感じがする。コーナリング時のノーズの入り方も、私が持っている前後50対50のトルク配分だった時代のクワトロより、ずっとアンダーステア傾向が小さくなり、曲がりやすくなっている印象だ。
 全体的な乗り味も、重厚感が強かったかつてのアウディとは違い、重厚感と軽快感が程よく調和したものになっている。アルミとスチールのハイブリッド・ボディによる軽量化とボディ剛性のアップが効いているのだろう。一時のアウディが軽快感を強調したいあまりに、ステアリングやペダルを極端に軽くするなど、妙な味付けをしていたのとは違い、自然なフィールで違和感がない。
アウディらしく、すっきりとまとめられたインテリアを持つ。 室内は前席後席ともに広々。 直噴3LV6スーパーチャージャーは、最高出力=310ps/5500-6500rpm、最大トルク=44.9kgm/2900-4500rpmを発生。6段Sトロニック自動MTを介して4輪を駆動する。全長x全幅x全高=4940x1875x1495mm。ホイールベース=2910mm。車重=1890kg。車両本体価格=865万円。
 試乗車は標準装備の19インチ・タイヤを履いていたが、乗り心地も抜群に良かった。オプションで20インチを履くことも可能だが、どうしたって乗り心地が硬くなる。私なら19インチのままをオススメする。
荷室容量は565〜1680リッター。バーチャルペダル付きテールゲートは、リア・バンパー下に足をかざすだけで開閉可能だ。右は3リッターV6スーパーチャージャー・ユニット。
クリックすると拡大
気になる点は価格の高さ

 千葉のゴルフ場に着くと、撮影の合間にスタイルを観察した。最近のアウディ・アバントの特徴は、Dピラーがかつてよりずっと寝ていることだ。荷室の容量のことを考えたら、もっと立っている方が有利なはずだから、これはスタイルのための措置だろう。そのほか、フロントのオーバー・ハングが短くなって、全体のプロポーションが良くなっている。
 スッキリとまとめられたインテリアのデザインも好感が持てる。室内空間の広さも特筆モノで、前席後席のどちらの住人からもスペースについての苦情が出ることはないだろう。
 非の打ち所が見つからないのだが、あえて気になる点を上げるなら価格だ。車両本体価格が865万円。試乗車にはそれに、20万円のコンフォート・シートや15万円のバーチャルペダル付きオートマチック・テールゲート、30万円のLEDヘッドライト、84万円のバング&オルフセンのオーディオなどがついて、1047万5000円となっていた。なんと同じエンジンを積むA8の962万円をあっさり超えてしまうのだから、良くて当然の超高級ワゴンなのだ。


(2012年5月号掲載)
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ZENITH/ゼニスCollabora…
1969年、初代レンジローバーが発表された同じ年、機械式クロノグラフ・ムーブメント 「エル・プリメ…
WATCH/時計
ゼニスENGINE WATCH CLUB…
ランドローバーとのコラボレーションやオールド・カー・レースへの参戦など、クルマの世界に急接近中…
WATCH/時計
パルミジャーニ・フルリ…
2004年にブガッティと提携。
WATCH/時計
ボヴェ・ピニンファリー…
ピニンファリーナとの提携は2007年から。昨年コレクションに加わった「オタンタ セイ」は、ピニンファ…
NEWS
今年は東京モーターショ…
パリ・モーターショウとは打って変わってスーパーカー、スポーツカーの祭典となったジュネーブ・モー…
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
アルピーヌというフランスにとって久々の話題作のデビューを邪魔しないようにと申し合わせたかのよう…
NEWS
ニューモデル・ラッシュ…
まずはアウディ。今回、スポーツ路線で押していたアウディはRS3スポーツバックのフェイスリフト版も持…
NEWS
ETTINGER/エッティンガ…
車検に対応するのはもちろんのこと、装着後もディーラーでの整備も受けられるゴルフ用純正チューニン…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 クロノグラフとSUVの雄、タッグを組む!
 GRAMAS SingleZip Organizer Wallet  ENGINE 別注カラー Black/Yellow
 ENGINE 特製MAGLITE LED ミニマグLED XL50
 ENGINE 特製MAGLITE LED ミニマグPRO LED 2AA
 注目!! 富士のショート・コースでレッスンを行います