ENGINE online/エンジン オンライン

スカイアクティブの完成形


クリックすると拡大
MAZDA CX-5/マツダ CX-5


ついに登場したマツダCX−5

スカイアクティブの完成形

スカイアクティブ・テクノロジーをすべて搭載した新型SUV、CX-5。今回はガソリン車を試乗した。


文=塩澤則浩(本誌) 写真=阿部昌也


デザインもシンプル&クリーン。質も向上して好感がもてた内装だが、色が黒1色しか選べないのが不満と言えば不満。クロスオーバーSUVを謳うなら、少しは色の遊びがあってもいい。今回のポイントは、等長等爆を可能にする4-2-1排気。タコ足のようなもので、中低速トルクがアップする。価格は205万円(FF)〜241万円(4WD)
 マツダが社運をかけて開発したスカイアクティブ・テクノロジー。デミオ、アクセラに続いて、いよいよ本命のCX‐5が登場した。
 デミオとアクセラはマイナーチェンジのため、シャシーは旧型のままだったが、いちからボディを起こしたCX‐5は、エンジン、変速機、シャシー、すべての新技術がそろった初のフル・スカイアクティブ車だ。
 目玉は4リッターV8なみのトルクを誇る2.2リッターのクリーン・ディーゼルだが、今回は準備されておらず、2リッター直噴のスカイアクティブGを搭載するガソリン車を試乗した。
 これが乗ってびっくり。オール・ニューのシャシーを採用した効果は絶大で、とにかく走りがいい。

 旧型シャシーのデミオやアクセラではスペースの都合で見送らざるをえなかった4‐2‐1排気を初めて採用。おかげで中低速が力強く、走りがイキイキしている。以前は燃費ばかりが注目されていたが、ガソリン・スカイアクティブ本来の性能は低燃費と走りの両立。これなら十分、欧州の小排気量ターボと勝負できる。

 さらに、足回りの躾も素晴らしい。これまでのマツダ車は、ややもすると機敏になりすぎるきらいがあったが、CX‐5はしっとりと落ち着きがあり、ステアリングを切った分だけ気持ちよく向きが変わる。クイックすぎず、かといってスローでもない。欧州車的で、感覚的にちょうどいいフィーリング。国産では間違いなくトップレベルの味付けだ。サスペンションのストロークに余裕のあるSUVということもあり、乗り心地もいい。言うことなしだ。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂