ENGINE online/エンジン オンライン

軽快さが魅力です!


クリックすると拡大
VOLVO S60/ボルボ S60


ボルボS60 1.6のRデザインが登場!

軽快さが魅力です!

ボルボS60の特別限定車が発売された。
見てカッコよく、乗ってスポーティ。しかも安全。


文=荒井寿彦(本誌) 写真=阿部昌也


 ボルボが売れている。2011年(1月〜12月)の新車登録台数は1万1787台で、対前年同月比52%増だ。セールスを牽引しているのは、2011年に登場した新型S60とV60。この2台で売上の40%を占めるという。
 一気呵成!とばかりに放つのが特別限定車、S60T4Rデザインである。1.6リッター直4ターボのS60 DRIVe(FF)をベースにRデザイン専用のシャシー・チューニングを施してある。前後のスプリング&ダンパーは、最上級モデルである3リッター直6のS60T6Rデザインより15%も強化したというから驚きだ。
 S60/V60好調の理由はスタイリッシュな外観がまず挙げられる。Rデザインはさらにダイナミックな印象だ。フロント・グリルが黒く塗られ、エッジーな専用バンパーを与えられた顔は肉食系である。リアにはディフューザーまで備える。
 ドアを開けると本革のコンビネーション・シートが特別なクルマであることを主張する。外も内も見た目は5点満点。所有する喜びがあるクルマだ。
 走っても良かった。1.6リッター直4ターボはトルキーで力不足をまったく感じないし、デュアルクラッチ式6段トランスミッションも反応がいい。
3リッターのRデザイン(4WD)より230kgも軽く、リアにモノチューブ・ダンパーを奢ったせいか、フットワークがいい。ブレーキも剛性感、効きともにしっかりしている。
 435万円という価格も魅力的だ。アウディA4 2.0のSラインは478万円、メルセデス・ベンツC200のAMGパッケージは489万円である。歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システムを備える“セーフティ・パッケージ”25万円は、いまなら10万円で装着できる。安全面も抜かりがないから、運転好きのオトーサンだけでなく、家族が運転しても安心だ。限定100台です。お早めに。

フロントにストラット・タワーバーを追加、前後スプリングの強化、モノチューブ・ダンパーの採用(リア)、そしてブッシュ類も強化している。 ステアリング関係ではギアレシオが10%クイックになり、ステアリング・コラムのねじれ剛性も2倍に強化された。アルミホイールも専用。4630x1845x1480mm。ホイールベース=2775mm。車重=1540kg。 1.6リッター直4ターボ(180ps、24.5kgm)+6段DCT。
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
今年もやります!“FUJIオ…
エンジン・ドライビング・レッスンの午前中のプログラムとしてお馴染みのオーバル・レッスン。
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MAYBACH/マイバッハCAR …
超高級車ブランドにもSUVブームが到来するなか、ドイツの雄から、Gクラスをベースにした超高級SUV、G…
NEWS
鎌田卓麻選手好発進CAR P…
いよいよ2017年シーズンの全日本ラリー選手権が開幕した。
NEWS
LEGACY/レガシィCAR PED…
いまや北米での主力モデルとして堂々としたサイズとなったレガシィ。
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
最新のレンジローバーと、この原初のレンジローバー、どちらかを選べたら、あなたならどうします?
NEWS
812SUPERFAST/812スーパ…
フェラーリの12気筒ベルリネッタが刷新された。
NEWS
スーパーカーの父、逝く…
自動車界の巨星がまたひとつ消えた。カウンタックの生みの親がこの世を去りました。
NEWS
LUTECIA/ルーテシアCAR …
MTの導入に積極的なルノー・ジャポンは、フェイスリフト版の新型ルーテシアの発表と同時に、MTの限定…
NEWS
4月20日から30日、5月6日…
4月にオープンを控えた新複合施設、GINZA SIX。その地下3階に、観世能楽堂が引っ越してくる。能に親…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ENGINE 特製MAGLITE LED ミニマグLED XL50
 ENGINE 特製MAGLITE LED ミニマグPRO LED 2AA
 今年もやります!“FUJIオーバル・スクール”開催決定!!
 恋する腕時計 ENGINE流、ペア・ウォッチ選びの新提案!
 レーシング・ドライバー、山本左近さんの場合