ENGINE online/エンジン オンライン

軽快さが魅力です!


クリックすると拡大
VOLVO S60/ボルボ S60


ボルボS60 1.6のRデザインが登場!

軽快さが魅力です!

ボルボS60の特別限定車が発売された。
見てカッコよく、乗ってスポーティ。しかも安全。


文=荒井寿彦(本誌) 写真=阿部昌也


 ボルボが売れている。2011年(1月〜12月)の新車登録台数は1万1787台で、対前年同月比52%増だ。セールスを牽引しているのは、2011年に登場した新型S60とV60。この2台で売上の40%を占めるという。
 一気呵成!とばかりに放つのが特別限定車、S60T4Rデザインである。1.6リッター直4ターボのS60 DRIVe(FF)をベースにRデザイン専用のシャシー・チューニングを施してある。前後のスプリング&ダンパーは、最上級モデルである3リッター直6のS60T6Rデザインより15%も強化したというから驚きだ。
 S60/V60好調の理由はスタイリッシュな外観がまず挙げられる。Rデザインはさらにダイナミックな印象だ。フロント・グリルが黒く塗られ、エッジーな専用バンパーを与えられた顔は肉食系である。リアにはディフューザーまで備える。
 ドアを開けると本革のコンビネーション・シートが特別なクルマであることを主張する。外も内も見た目は5点満点。所有する喜びがあるクルマだ。
 走っても良かった。1.6リッター直4ターボはトルキーで力不足をまったく感じないし、デュアルクラッチ式6段トランスミッションも反応がいい。
3リッターのRデザイン(4WD)より230kgも軽く、リアにモノチューブ・ダンパーを奢ったせいか、フットワークがいい。ブレーキも剛性感、効きともにしっかりしている。
 435万円という価格も魅力的だ。アウディA4 2.0のSラインは478万円、メルセデス・ベンツC200のAMGパッケージは489万円である。歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システムを備える“セーフティ・パッケージ”25万円は、いまなら10万円で装着できる。安全面も抜かりがないから、運転好きのオトーサンだけでなく、家族が運転しても安心だ。限定100台です。お早めに。

フロントにストラット・タワーバーを追加、前後スプリングの強化、モノチューブ・ダンパーの採用(リア)、そしてブッシュ類も強化している。 ステアリング関係ではギアレシオが10%クイックになり、ステアリング・コラムのねじれ剛性も2倍に強化された。アルミホイールも専用。4630x1845x1480mm。ホイールベース=2775mm。車重=1540kg。 1.6リッター直4ターボ(180ps、24.5kgm)+6段DCT。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス