ENGINE online/エンジン オンライン

思わず歌っちゃう!


CHEVROLET SONIC/シボレー・ソニック
クリックすると拡大
CHEVROLET SONIC/シボレー・ソニック


シボレー・ソニックのJBLサウンド・リミテッドに乗る。

思わず歌っちゃう!

新生GMの世界戦略車、シボレー・ソニック。
デザイン、走り、オーディオも良かった。

文=荒井寿彦(本誌) 写真=柏田芳敬



過去最高の利益
 2011年の通期決算で過去最高の純利益(5975億円)を計上したゼネラル・モーターズ(=GM)。同年の新車販売台数は903万台で世界一。2009年の財政破綻からの急激なV字回復には経営のスリム化、コスト削減、中国など新しい市場での成功など、いろいろ言われているけれど、品質の高いクルマを作ることができたという根本的な理由がある。極端な値引きをしなくてもクルマを売ることが出来るようになったディーラーは利益を得、GMは販売リベートの大幅な削減に成功したのだ。
 新生GMが世界に放ったコンパクト・カーがシボレー・ソニックである。アメリカの音響機器メーカー、JBLのサウンド・システムを装備した限定車に乗った。
 外観は国産ハッチバックよりずっとエモーショナルだ。JBLサウンド・リミテッドはフロント・バンパーにフォグ・ランプを備え、より精悍な顔つきである。リア・ドアのノブは窓枠部分に隠されていて、見た目は3ドア・ハッチバックのように見える。スパッと切り落としたようなリア回りもスポーティでいい。
 インテリアはコルベット譲りのデュアル・コクピット・デザイン。オートバイをイメージしたというメーターのデザインも面白い。質感も決して安っぽくない。韓国の大字自動車と共同開発したというソニックを見ていると、韓国の底力を感じずにはいられなかった。
 走行性能はオペルが担当したというだけあって、走りの印象は骨太である。ボディはとてもしっかりしていて、乗り心地は締まっている。

ドア・ミラー付け根に設置されたJBLのツイーター(写真上)。どちらかというと柔らかい音質で、ヴォーカルやアコースティック・ギターの音が映える。マドンナ、忌野清志郎、山下達郎、どれも最高でした。ブルース・スプリングスティーンをiPhoneで聴く。外部入力はイヤホーンの出力端子を使う(写真中)。思ったほど音の劣化はないが、ドーン! という重低音はやや乏しい。


ドア・ミラー付け根に設置されたJBLのツイーター
街中は結構速い

「え〜! このボディで1.6もあるの?」と、ガソリン・スタンドのおじさんが驚いた1.6リッター直4エコテックは低速トルクが豊かで街中で扱いやすい。1220kgの軽いボディとあいまって街中では速い! とさえ感じた。
 6ATがやや緩いのと、制御にギクシャクしたところがあったのはちょっと残念。ここが引き締まるともっとスポーティな印象になると思う。
インテリアの質感が安っぽくなく
インテリアの質感が安っぽくなく、室内の居心地はいい。アナログのタコメーターとデジタル表示の速度計を組み合わせたメーター・ナセルのデザインが面白い。シートの掛け心地も良かった。ホールド性も申し分なかった。後席も大人2人がきちんと座ることが出来た。6:4の分割可倒式で、後席をすべて倒した最大荷室容量は653リッター。リア・ゲートの開口部は広く使い勝手はよさそうだ。
「どうせアメ車、ステアリングの中立付近がデッドでしょ?」と思っている方、古いです。ソニックはきちんとした手応えがあり、コーナリングも楽しい。乗ってもスイフト、デミオ危うし! と感じた。
 JBLの8スピーカー・システムは、4ツイーター+4ウーハーで構成される。JBLはBOSEより中音域に厚みがあるのが特徴で、どちらかというとヴォーカルものが得意だ。歌声に厚みがあって演奏から浮き上がって聞こえる。曲全体の情景を思い浮かべることができる優れたオーディオ・システムだと思った。高いボディ剛性も功を奏しているのだろう。
 いい走りと、いいオーディオに思わず「オー! イエー!」と歌ってしまうソニック。価格は213万円。“アメ車はつくりが大雑把”そんなイメージの人にこそ乗って欲しい。


1.6リッター直4DOHC
1.6リッター直4DOHC(115ps/6000rpm、15.8kgm/4000rpm)+6AT。4050×1740×1525mm。ホイールベース=2525mm。



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。
 新しい時代への誘い。
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾