ENGINE online/エンジン オンライン

祝A110誕生50周年。


クリックすると拡大
RENAULT ALPINE A110-50


モナコGPに現れた、復活アルピーヌ。

祝A110誕生50周年。

たんなるお祭り騒ぎであるはずがない。
アルピーヌの真の復活は近い!!

文=齋藤浩之(本誌)



 “アルピーヌA110-50”。モナコGPに現れたメタリック・ブルーの怪鳥。これこそは、フレンチ・スポーツカーの復活を夢見てきたファンが待ち望んでいたものだ。
 A610が生産を終了して以来、アルピーヌの名前は半ば封印されてきたにも等しい。アルピーヌの精神はルノースポールのなかにいかんなく発揮されてきた。とはいうものの、アルピーヌ名義のクルマは待てど暮らせど姿を見せなかった。
しかし、ここへきて、期待は膨らむばかりだった。なぜなら、“ゴルディーニ”の名前が復活したからである。いまのところはルノースポールが手がけるクルマのコスメティック・スペシャル・バージョンや、その関連グッズに使われるにとどまっているが、より本格的なかたちで蘇る可能性は低くない。となれば、同じ時代に活躍したアルピーヌの名も、当然、蘇るだろうと期待するのが自然だ。
 モナコに現れたA110-50は、名ラリー・カーだったA110の誕生50周年を祝うという名目で作られたコンセプト・カーで、中身はルノースポールのワンメイク・レーサー、メガーヌ・トロフィに準じるものに過ぎない。鋼管フレームのミドシップに日産系の3.5リッターV6ハイチューン自然吸気エンジンを積んだ純レーシング・カーである。スタイリングはルノーの新時代のアイデンティティを表明するものとして2010年のパリ・サロンに出展されたドゥジールをモディファイしたものだ。
お披露目にはルノーの最高執行責任者のカルロス・タバレスのほか、親善大使のアラン・プロストやレッド・ブルF1のクリスチャン・ホーナーやセバスチャン・ベッテルも顔を揃えた。アルピーヌ復活の序章として申し分なし。
 けれど、正式に“アルピーヌ”の名前を使ってきたことに最大の意味がある。真の復活は遠くないはずだ。

クリックすると拡大
モナコGPのコースを疾駆するアルピーヌA110-50。プロストやベッテルを差し置いてドライブしたのは、カルロス・タバレスそのひと。A110-50の顔は、2010年のコンセプト・カー、ルノー・ドゥジールのものから少し進化した。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂