ENGINE online/エンジン オンライン

祝A110誕生50周年。


クリックすると拡大
RENAULT ALPINE A110-50


モナコGPに現れた、復活アルピーヌ。

祝A110誕生50周年。

たんなるお祭り騒ぎであるはずがない。
アルピーヌの真の復活は近い!!

文=齋藤浩之(本誌)



 “アルピーヌA110-50”。モナコGPに現れたメタリック・ブルーの怪鳥。これこそは、フレンチ・スポーツカーの復活を夢見てきたファンが待ち望んでいたものだ。
 A610が生産を終了して以来、アルピーヌの名前は半ば封印されてきたにも等しい。アルピーヌの精神はルノースポールのなかにいかんなく発揮されてきた。とはいうものの、アルピーヌ名義のクルマは待てど暮らせど姿を見せなかった。
しかし、ここへきて、期待は膨らむばかりだった。なぜなら、“ゴルディーニ”の名前が復活したからである。いまのところはルノースポールが手がけるクルマのコスメティック・スペシャル・バージョンや、その関連グッズに使われるにとどまっているが、より本格的なかたちで蘇る可能性は低くない。となれば、同じ時代に活躍したアルピーヌの名も、当然、蘇るだろうと期待するのが自然だ。
 モナコに現れたA110-50は、名ラリー・カーだったA110の誕生50周年を祝うという名目で作られたコンセプト・カーで、中身はルノースポールのワンメイク・レーサー、メガーヌ・トロフィに準じるものに過ぎない。鋼管フレームのミドシップに日産系の3.5リッターV6ハイチューン自然吸気エンジンを積んだ純レーシング・カーである。スタイリングはルノーの新時代のアイデンティティを表明するものとして2010年のパリ・サロンに出展されたドゥジールをモディファイしたものだ。
お披露目にはルノーの最高執行責任者のカルロス・タバレスのほか、親善大使のアラン・プロストやレッド・ブルF1のクリスチャン・ホーナーやセバスチャン・ベッテルも顔を揃えた。アルピーヌ復活の序章として申し分なし。
 けれど、正式に“アルピーヌ”の名前を使ってきたことに最大の意味がある。真の復活は遠くないはずだ。

クリックすると拡大
モナコGPのコースを疾駆するアルピーヌA110-50。プロストやベッテルを差し置いてドライブしたのは、カルロス・タバレスそのひと。A110-50の顔は、2010年のコンセプト・カー、ルノー・ドゥジールのものから少し進化した。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
Cars Driven/試乗記
BMW 530e & 430iENGINE R…
新型5シリーズ・ツーリングと時を同じくして上陸したBMWの新作2台、530eと430iに乗ってみた。まずは…
NEWS
VW up!/VW アップCAR PE…
新型アップ!に内外装をSUV風に仕立てたクロス・アップ!が限定販売ながら追加された。
NEWS
Porsche 911 GT2 RS/ポ…
ポルシェ911に、GT3RSを超える新たな頂が現れた。高出力化だけでなく、軽量化にも拍車がかかった怪物…
NEWS
全米熱狂のカーアクショ…
天才的なドライビング・テクニックを持つ若者を主人公にしたアクション映画が、全米で大ヒットしてい…
WATCH SPECIAL CONTENTS
バーゼル新作時計見本市…
バーゼルで時計の見本市が初めて開催されてから今年は100周年。スイス時計産業の歴史と伝統を語り…
WATCH SPECIAL CONTENTS
バーゼル新作時計見本市…
バーゼルで時計の見本市が初めて開催されてから今年は100周年。スイス時計産業の歴史と伝統を語り…
WATCH/時計
高品質と高性能の基準を…
最新鋭自動巻きムーブメント「パワーマティック80」がさらに進化。
WATCH/時計
ヴィンテージ感も感じさ…
CKロゴのみで構成されたグラフィカルなダイアルのデザイン、絶妙なグレー・マット仕上げのケースやミ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾
 マニファッティのドライビング・グローブ 限定30個!
 ドライバーのためのGPSソーラー・ウォッチ SEIKO ASTRON × GIUGIARO DESIGN〈PR〉
 ENGINEオリジナル LOCMAN×武田双雲の腕時計、限定30本!