ENGINE online/エンジン オンライン

祝A110誕生50周年。


クリックすると拡大
RENAULT ALPINE A110-50


モナコGPに現れた、復活アルピーヌ。

祝A110誕生50周年。

たんなるお祭り騒ぎであるはずがない。
アルピーヌの真の復活は近い!!

文=齋藤浩之(本誌)



 “アルピーヌA110-50”。モナコGPに現れたメタリック・ブルーの怪鳥。これこそは、フレンチ・スポーツカーの復活を夢見てきたファンが待ち望んでいたものだ。
 A610が生産を終了して以来、アルピーヌの名前は半ば封印されてきたにも等しい。アルピーヌの精神はルノースポールのなかにいかんなく発揮されてきた。とはいうものの、アルピーヌ名義のクルマは待てど暮らせど姿を見せなかった。
しかし、ここへきて、期待は膨らむばかりだった。なぜなら、“ゴルディーニ”の名前が復活したからである。いまのところはルノースポールが手がけるクルマのコスメティック・スペシャル・バージョンや、その関連グッズに使われるにとどまっているが、より本格的なかたちで蘇る可能性は低くない。となれば、同じ時代に活躍したアルピーヌの名も、当然、蘇るだろうと期待するのが自然だ。
 モナコに現れたA110-50は、名ラリー・カーだったA110の誕生50周年を祝うという名目で作られたコンセプト・カーで、中身はルノースポールのワンメイク・レーサー、メガーヌ・トロフィに準じるものに過ぎない。鋼管フレームのミドシップに日産系の3.5リッターV6ハイチューン自然吸気エンジンを積んだ純レーシング・カーである。スタイリングはルノーの新時代のアイデンティティを表明するものとして2010年のパリ・サロンに出展されたドゥジールをモディファイしたものだ。
お披露目にはルノーの最高執行責任者のカルロス・タバレスのほか、親善大使のアラン・プロストやレッド・ブルF1のクリスチャン・ホーナーやセバスチャン・ベッテルも顔を揃えた。アルピーヌ復活の序章として申し分なし。
 けれど、正式に“アルピーヌ”の名前を使ってきたことに最大の意味がある。真の復活は遠くないはずだ。

クリックすると拡大
モナコGPのコースを疾駆するアルピーヌA110-50。プロストやベッテルを差し置いてドライブしたのは、カルロス・タバレスそのひと。A110-50の顔は、2010年のコンセプト・カー、ルノー・ドゥジールのものから少し進化した。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。
NEWS
MASERATI Granturismo Gr…
マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじま…
NEWS
35年ぶりの続編はオリジ…
世界中に熱烈なファンを持つ『ブレードランナー』の続編がついに公開される。ハリソン・フォードも再…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。
 新しい時代への誘い。
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾
 マニファッティのドライビング・グローブ 限定30個!