ENGINE online/エンジン オンライン

祝A110誕生50周年。


クリックすると拡大
RENAULT ALPINE A110-50


モナコGPに現れた、復活アルピーヌ。

祝A110誕生50周年。

たんなるお祭り騒ぎであるはずがない。
アルピーヌの真の復活は近い!!

文=齋藤浩之(本誌)



 “アルピーヌA110-50”。モナコGPに現れたメタリック・ブルーの怪鳥。これこそは、フレンチ・スポーツカーの復活を夢見てきたファンが待ち望んでいたものだ。
 A610が生産を終了して以来、アルピーヌの名前は半ば封印されてきたにも等しい。アルピーヌの精神はルノースポールのなかにいかんなく発揮されてきた。とはいうものの、アルピーヌ名義のクルマは待てど暮らせど姿を見せなかった。
しかし、ここへきて、期待は膨らむばかりだった。なぜなら、“ゴルディーニ”の名前が復活したからである。いまのところはルノースポールが手がけるクルマのコスメティック・スペシャル・バージョンや、その関連グッズに使われるにとどまっているが、より本格的なかたちで蘇る可能性は低くない。となれば、同じ時代に活躍したアルピーヌの名も、当然、蘇るだろうと期待するのが自然だ。
 モナコに現れたA110-50は、名ラリー・カーだったA110の誕生50周年を祝うという名目で作られたコンセプト・カーで、中身はルノースポールのワンメイク・レーサー、メガーヌ・トロフィに準じるものに過ぎない。鋼管フレームのミドシップに日産系の3.5リッターV6ハイチューン自然吸気エンジンを積んだ純レーシング・カーである。スタイリングはルノーの新時代のアイデンティティを表明するものとして2010年のパリ・サロンに出展されたドゥジールをモディファイしたものだ。
お披露目にはルノーの最高執行責任者のカルロス・タバレスのほか、親善大使のアラン・プロストやレッド・ブルF1のクリスチャン・ホーナーやセバスチャン・ベッテルも顔を揃えた。アルピーヌ復活の序章として申し分なし。
 けれど、正式に“アルピーヌ”の名前を使ってきたことに最大の意味がある。真の復活は遠くないはずだ。

クリックすると拡大
モナコGPのコースを疾駆するアルピーヌA110-50。プロストやベッテルを差し置いてドライブしたのは、カルロス・タバレスそのひと。A110-50の顔は、2010年のコンセプト・カー、ルノー・ドゥジールのものから少し進化した。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス