ENGINE online/エンジン オンライン

ポルシェ911カレラのトップ・モデル、GTSもターボ付きの最新版になった。


クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
従来モデル同様、5分割グリルのフロント・バンパーで、ほかのカレラと差別化。タルガはさらにBピラーが黒色に変更されている。GTSは全モデルともスポーツクロノが標準となる。


カレラSをさらに30ps上回る。


2015年秋から始まった991型カレラのダウンサイジング・ターボ化は、
トップ・モデルGTSのデビューにより、ひとまず完了した。
文=新井一樹(本誌)


 ポルシェは先日開催された2017年北米国際モーターショウ=デトロイト・モーターショウで、カレラGTSのフェイスリフト・バージョンを披露。同日、日本での予約受注も開始された。
 GTSは911カレラ・シリーズの頂点に立つ最速・最強グレード。新型の大きな変更点はエンジンで、最新型の911カレラ同様、3.0リッター水平対向6気筒ツイン・ターボのダウンサイジング・ユニットが採用された。出力は450ps/56.1kgm。カレラSと排気量は同一だが、30ps/5.1kgmの向上が図られている。変速機は7段MTとデュアル・クラッチ式7段自動MTのPDKの2タイプで、RRのほかに4WDも用意される。最速モデルの動力性能は、0-100km/h加速が3.6秒(4WDクーペのPDK)、最高速度が312km/h(RRクーペのMT)。カレラSと比較するとそれぞれ0.2秒/4km/h速い。ちなみに自然吸気の前期型GTSと比べると、新型の方が0.4秒/6km/h上回っている。
 脚まわりもカレラ/カレラSよりも10mm車高が低いGTS専用セッティング。スポーツシャシーが標準で備わるクーペはさらに10mm下げられ、トータルで20mmも低い。ほかのカレラ同様、可変ダンパー式のPASMは標準装備だ。ボディはクーペのほか、カブリオレとタルガの3タイプ。ちなみに、ほかのカレラ同様、タルガにRRの設定はなく、4WDしか選べない。
 日本のラインナップはボディ・タイプ、駆動方式ともにドイツ本国と同じものが選べるが、変速機はPDKのみとなる。ステアリング位置は左右とも選択が可能だ。価格は1750万円〜(税込)。カレラSよりも200万円ほど高い設定となっている。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
Porsche 911 Carrera GTS
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス