ENGINE online/エンジン オンライン

ポルシェ911カレラのトップ・モデル、GTSもターボ付きの最新版になった。


クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
従来モデル同様、5分割グリルのフロント・バンパーで、ほかのカレラと差別化。タルガはさらにBピラーが黒色に変更されている。GTSは全モデルともスポーツクロノが標準となる。


カレラSをさらに30ps上回る。


2015年秋から始まった991型カレラのダウンサイジング・ターボ化は、
トップ・モデルGTSのデビューにより、ひとまず完了した。
文=新井一樹(本誌)


 ポルシェは先日開催された2017年北米国際モーターショウ=デトロイト・モーターショウで、カレラGTSのフェイスリフト・バージョンを披露。同日、日本での予約受注も開始された。
 GTSは911カレラ・シリーズの頂点に立つ最速・最強グレード。新型の大きな変更点はエンジンで、最新型の911カレラ同様、3.0リッター水平対向6気筒ツイン・ターボのダウンサイジング・ユニットが採用された。出力は450ps/56.1kgm。カレラSと排気量は同一だが、30ps/5.1kgmの向上が図られている。変速機は7段MTとデュアル・クラッチ式7段自動MTのPDKの2タイプで、RRのほかに4WDも用意される。最速モデルの動力性能は、0-100km/h加速が3.6秒(4WDクーペのPDK)、最高速度が312km/h(RRクーペのMT)。カレラSと比較するとそれぞれ0.2秒/4km/h速い。ちなみに自然吸気の前期型GTSと比べると、新型の方が0.4秒/6km/h上回っている。
 脚まわりもカレラ/カレラSよりも10mm車高が低いGTS専用セッティング。スポーツシャシーが標準で備わるクーペはさらに10mm下げられ、トータルで20mmも低い。ほかのカレラ同様、可変ダンパー式のPASMは標準装備だ。ボディはクーペのほか、カブリオレとタルガの3タイプ。ちなみに、ほかのカレラ同様、タルガにRRの設定はなく、4WDしか選べない。
 日本のラインナップはボディ・タイプ、駆動方式ともにドイツ本国と同じものが選べるが、変速機はPDKのみとなる。ステアリング位置は左右とも選択が可能だ。価格は1750万円〜(税込)。カレラSよりも200万円ほど高い設定となっている。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
Porsche 911 Carrera GTS
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂