ENGINE online/エンジン オンライン

ポルシェ911カレラのトップ・モデル、GTSもターボ付きの最新版になった。


クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
従来モデル同様、5分割グリルのフロント・バンパーで、ほかのカレラと差別化。タルガはさらにBピラーが黒色に変更されている。GTSは全モデルともスポーツクロノが標準となる。


カレラSをさらに30ps上回る。


2015年秋から始まった991型カレラのダウンサイジング・ターボ化は、
トップ・モデルGTSのデビューにより、ひとまず完了した。
文=新井一樹(本誌)


 ポルシェは先日開催された2017年北米国際モーターショウ=デトロイト・モーターショウで、カレラGTSのフェイスリフト・バージョンを披露。同日、日本での予約受注も開始された。
 GTSは911カレラ・シリーズの頂点に立つ最速・最強グレード。新型の大きな変更点はエンジンで、最新型の911カレラ同様、3.0リッター水平対向6気筒ツイン・ターボのダウンサイジング・ユニットが採用された。出力は450ps/56.1kgm。カレラSと排気量は同一だが、30ps/5.1kgmの向上が図られている。変速機は7段MTとデュアル・クラッチ式7段自動MTのPDKの2タイプで、RRのほかに4WDも用意される。最速モデルの動力性能は、0-100km/h加速が3.6秒(4WDクーペのPDK)、最高速度が312km/h(RRクーペのMT)。カレラSと比較するとそれぞれ0.2秒/4km/h速い。ちなみに自然吸気の前期型GTSと比べると、新型の方が0.4秒/6km/h上回っている。
 脚まわりもカレラ/カレラSよりも10mm車高が低いGTS専用セッティング。スポーツシャシーが標準で備わるクーペはさらに10mm下げられ、トータルで20mmも低い。ほかのカレラ同様、可変ダンパー式のPASMは標準装備だ。ボディはクーペのほか、カブリオレとタルガの3タイプ。ちなみに、ほかのカレラ同様、タルガにRRの設定はなく、4WDしか選べない。
 日本のラインナップはボディ・タイプ、駆動方式ともにドイツ本国と同じものが選べるが、変速機はPDKのみとなる。ステアリング位置は左右とも選択が可能だ。価格は1750万円〜(税込)。カレラSよりも200万円ほど高い設定となっている。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera GTS
Porsche 911 Carrera GTS
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Renault TWINGO/ルノー…
ルノー・トゥインゴに限定車、パリジェンヌが発売された。その名のとおり、パリの女性をイメージした…
Cars Driven/試乗記
VOLVO V40 D4R/ボルボV4…
これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。
NEWS
MASERATI/マセラティCAR…
沖縄の海で体験した高速ヨット、マゼラーティ・マルティ70は、水上を飛ぶように疾走する、夢のような…
NEWS
CHEVROLET CORVETTE GRAN…
シボレー・コルベット生誕65周年を記念して、自分だけの1台をオーダーできる「シボレー・コルベット…
NEWS
人気デザイナーの素顔に…
アート・ピースのような靴をつくるマノロ・ブラニクと、小物やアクセサリーは手掛けず、洋服だけで勝…
NEWS
TOKYO AUTO SALON 2018/…
今年で36回目を数えるチューニング&ドレスアップ・カーの祭典、東京オートサロンが2018年1月12日〜14…
NEWS
VOLVO CARS JAPAN/ボル…
ボルボ・カー・ジャパンは世界ではじめて3点式のシート・ベルトを標準装備したボルボPV544を愛知県長…
NEWS
WTCC世界ツーリングカー…
2017年シーズンをもって幕を閉じることになったWTCC世界ツーリングカー選手権。カタールで行われた最…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作
 今月の注目 特別編 : 999.9
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”