ENGINE online/エンジン オンライン

メルセデス・マイバッハの超高級SUVがジュネーブ・ショウでデビュー。


クリックすると拡大
MERCEDES-BENZ MAYBACHG650


マイバッハ第3弾はSUV。


超高級車ブランドにもSUVブームが到来するなか、ドイツの雄から、
Gクラスをベースにした超高級SUV、G650ランドレーが誕生した。
文=新井一樹(本誌)


 一度は挫折したものの、ダイムラーの超高級ブランドという位置づけはそのままに、メルセデス・ブランドの配下でベンツやAMGと並ぶ、新ブランドとして再スタートを切ったマイバッハ。当初はSクラス・セダンをベースにしたリムジンのみだったが、2016年冬にSクラス・カブリオレを用いたオープンを限定販売したかと思ったら、今度はSUVモデルを発表。それが、このメルセデス・マイバッハG650ランドレー。見ておわかりの通り、Gクラスをベースにした超高級SUVである。
 AMG G63 6×6やG550 4×4と同じリダクション・ハブを用いたかさ上げしたシャシーの上に載せられたボディは、ホイールベースを延長するとともに、後部ルーフをソフト・トップによる開閉式として、ランドレーと呼ばれるスタイルを採用。ちなみに、ランドレーは要人のパレード用などとして高級車を中心に製作されたボディ・タイプで、先代マイバッハにも設定されていた。ボディ・サイズは全長5345mm、全高2235mm、ホイールベース3428mm。ノーマルのG550と比べるとそれぞれ、770mm、265mm、578mm大きくなっている。
クリックすると拡大
 前席後ろにはリムジンよろしく広々としたスペースを確保。そこには航空機のビジネス・クラスのようなリクライニング機構付きの独立シートが2脚配される。しかも、ソフトトップを開ければ、オープン・ドライブが楽しめる贅沢な作りを持つ。
 エンジンは630ps/102.0kgmのAMG製6.0リッターV12ツイン・ターボを搭載。価格は未定だが、99台の限定販売で、2017年秋からオーストリアのマグナ・シュタイアで生産が開始される予定だ。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
AMG G63 6×6には及ばないものの、存在感はノーマルのGクラスをはるかに凌ぐ。リダクション・ハブにより最低地上高は450mm! 広いだけでなく、オープンという贅沢も兼ね備えた後席。ある意味、セダン・タイプのマイバッハよりも贅沢な作りだ。ターゲットは中東のお金持ちなのだろうか。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
ジャーナリスト46人の投票による、寝ても覚めても恋い焦がれる、 いま、もっとも愛しいクルマ・ラン…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂