ENGINE online/エンジン オンライン

ランドローバー・クラシック部門がレンジローバーの初期モデル10台を復元して、販売する!


クリックすると拡大
RANGE ROVER


蘇る初代レンジ!


最新のレンジローバーと、この原初のレンジローバー、
どちらかを選べたら、あなたならどうします?


 かつての名車を完全再生して少数限定で販売するランドローバー・クラシック。昨年、ランドローバー・シリーズ1リボーンが成功したのを受けて、第2弾として最初期型レンジローバーが完全再生されて販売されることになった。再生されるのはレンジローバーの原初の形である初期型の3ドア・モデルに限られる。
 先にパリで開催された「サロン・レトロモビル2017」には、その1号車となる完成したばかりの1978年型が出展された。この写真のクルマがそれだ。バハマ・ゴールドに塗装されたアルミ・ボディに載るエンジンは、3.5リッターのローバーV8。新車当時そのままに、燃料供給装置はゼニス・ストロンバーグ・キャブレター(175CD)だ。自動車世界に衝撃を与えた、ロック可能なセンター・オープン・デフを備えたフルタイム4WDシステムの往時そのまま。変速機は4段MTとなる。
 再生販売されるのは10台のみ。ランドローバー製の車両であることの真正性を保持するために、すべてランドローバー・クラシックのパーツだけを使ってフル・レストア作業が行われるという。完全再生を謳うだけに、その再生作業は徹底しており、写真で見ても、まさに新車そのもの。タイムマシーンで40年前に戻ったかのような錯覚に陥る。
  販売価格はその個体のオプション装備装着などにより変わるが、ベース価格は邦貨換算で1931万円(13万5000英ポンド)からとなる。抗いがたい魅力を放つこの原初のレンジローバー、新車で手に入ると考えたら、お安いのでは?

221_5_295x197.jpg
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス