ENGINE online/エンジン オンライン

アウディ-ランボルギーニV10を使ったイタルデザインのスーパーカー登場。


クリックすると拡大


イタル名義で5台を市販。


アウディ-ランボルギーニV10を使ったイタルデザインのスーパーカー登場。
“イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアーリ”ブランドの第1弾。軽量設計とハイダウンフォースでレーシング・カー並みの性能を謳う。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=新井一樹(本誌)


 スタイリング・オフィスとして有名だったイタルデザインがVW傘下へ入って早数年。つい先ごろには創設者のひとりで、会社の顔でもあったジョルジェット・ジウジアーロその人が離脱して、新たにデザイン・オフィスを構えたのも記憶に新しいところだ。事業内容で見れば、とうの昔からイタルデザインのほとんど9割以上の仕事がテクニカルなエンジニアリング開発であったとはいえ、顔を失ったイタルデザインにしてみれば、そのままVWの一エンジニアリング部門のようになっていくのを指をくわえて見ているわけにもいかない。というわけかどうか本当のところは知りようもないが、先のジュネーブ・モーターショウで、イタルデザインは、このスーパースポーツをお披露目した。名称はゼロウーノ。
クリックすると拡大
 この名称はプロジェクト01を意味するものという。新たに立ち上げられた“イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアーリ”というブランドでの市販車第1号となるクルマなのだ。当然、公道走行用に型式認証を取ることを前提に開発されている。生産台数はわずかに5台! CFRPとアルミニウム混成のシャシー(プラットフォーム)にフルCFRP製のアウター・ボディを組み合わせ、ミドシップにVWグループの5.2ℓ自然吸気V10エンジンを積む。ボディ・サイズは4847×1970×1204mmと堂々たるものだが、軽量素材多用のおかげもあり、きわめて軽く仕上がっているという。
 イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアーリは今後も同種のプロジェクトを精力的に続けていくという。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
ゼロウーノの開発コンセプトの核は徹底した軽量設計にあったとイタルデザインは明言する。開発作業がまだ最終段階にあることから車両重量の数値は発表されていないが、例外的に軽いことは間違いなさそうだ。0-100km/h加速3.2秒、最高速度330km/hを豪語する。レーシング・カーさながらの空力設計でダウンフォース獲得を追求したスタイリングは、曰く、“セミ・ネイキッド”。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作
 今月の注目 特別編 : 999.9
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。