ENGINE online/エンジン オンライン

ブルガリの世界300店のブティックに蘇ったフィアット500が出現します。


クリックすると拡大


“ローマの休日”に想いを。

 ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパートナーシップを結んだことによるもので、ブルガリの“ローマの休日”クリエイティブ・サマー・キャンペーンの一環となる。1:6と1:12スケールのフィアット500Fが合わせて1600台、製造され、宝石や腕時計などを載せる装飾台としてブルガリのガラス・ケースの中にお目見えすることになる。
 フィアット500は今年が生誕60周年。フィアット自身の手でショート・フィルムが作られたり、先ごろはニューヨーク近代美術館への永久収蔵も決まるなど、話題に事欠かないが、記念すべき年にまたひとつ花を添えることになったというべきだろうか。
 このミニチュア500のベースとなったのは、1965年から1972年まで生産されたタイプFで、豪華版のLとともに500の最終期を飾ったモデルである。Fは装備が簡潔で、終戦後、イタリアのモータリゼーションを担った500のコンセプトをよく表わす仕様といえるだろう。
 フィアット500は1972年に、次世代車種となる126のコンポーネンツを一部流用して、600ccエンジンを載せる500R(リノベーション)を投入し、これを1975年まで生産した。1957年から1975年までの18年間にフィアット500は367万8000台を生産、戦後イタリアのモータリゼーションを支えた。 (齋藤)
クリックすると拡大
腕時計や宝石を展示する飾り台として蘇った1600台のフィアット500(ミニチュア)が、世界中のブルガリ・ブティックで目を楽しませてくれます。お楽しみに。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂