ENGINE online/エンジン オンライン

メルセデスAMG・GTに屋根開きが登場。


クリックすると拡大
メルセデスの最速モデルをオープンで堪能する。

ポルシェ911イーターとして生まれたAMGのトップモデルに加わった屋根開きのロードスター・バージョンがついに日本に上陸。


文=新井一樹(本誌)
 メルセデスのスポーツ・ブランド、AMGの中でも頂に立つのがGT。そのスポーツ・モデルにオープン仕様のロードスターが追加され、日本での販売が開始された。
 ファストバックのクーペ・スタイルを持つ2シーターのGTをベースにオープン・ボディに仕立てたもの。ルーフまわり以外のスタイリングは基本的にGTに準じているが、ボディ・パネルの厚みを増やしたり、補強材を追加するなど、ボディ剛性の低下を補うための見えない改良が随所で行われている。
 屋根は開閉式のソフトトップで、開閉時間は11秒。50km/hまでなら走行中での操作が可能だ。ドライサンプ式の4.0ℓV8ツイン・ターボ+デュアル・クラッチ式7段自動MTのパワートレインや前後ダブルウイッシュボーンの専用シャシーなどはクーペと変わらない。
 ボディ以外での大きな変更はGT・Cの追加だ。GT・SとGT・Rの間に位置するハイ・パフォーマンス・モデルで、ベース・グレードのGTに対して、リアのワイド・フェンダー、後輪操舵、電子制御ダンパー、電制LSDなど、GT・Rの装備がふんだんに盛り込まれている。エンジン出力もGTの476ps/64.2kgmから557ps/69.3kgmへと向上。GT・Cは0-100km/h加速を3.7秒でこなす。
 ロードスターはGTとGT・Cの2グレードで、GT・Sの設定はない。価格はそれぞれ1834万円と2298万円(いずれも税込)。GT比でクーペよりも184万円高い。なお、どちらのグレードも完全受注生産モデルとなっている

クリックすると拡大
クリックすると拡大
ルーフまわり以外では、フロントにGT・Rと同じ「AMGパナメリカーナ・グリル」が採用されたのがトピック。丸型4連のエアコンの吹き出し口や太いセンター・トンネルが特徴的なインテリアも基本的にはクーペと変わらない。シートには首元も温める「エア・スカーフ」が備わる。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
Cars Driven/試乗記
VOLVO V40 D4R/ボルボV4…
これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。
NEWS
MASERATI/マセラティCAR…
沖縄の海で体験した高速ヨット、マゼラーティ・マルティ70は、水上を飛ぶように疾走する、夢のような…
NEWS
CHEVROLET CORVETTE GRAN…
シボレー・コルベット生誕65周年を記念して、自分だけの1台をオーダーできる「シボレー・コルベット…
NEWS
人気デザイナーの素顔に…
アート・ピースのような靴をつくるマノロ・ブラニクと、小物やアクセサリーは手掛けず、洋服だけで勝…
NEWS
TOKYO AUTO SALON 2018/…
今年で36回目を数えるチューニング&ドレスアップ・カーの祭典、東京オートサロンが2018年1月12日〜14…
NEWS
VOLVO CARS JAPAN/ボル…
ボルボ・カー・ジャパンは世界ではじめて3点式のシート・ベルトを標準装備したボルボPV544を愛知県長…
NEWS
WTCC世界ツーリングカー…
2017年シーズンをもって幕を閉じることになったWTCC世界ツーリングカー選手権。カタールで行われた最…
NEWS
ASTON MARTIN VANTAGE/…
新たなアストン・マーティンの2座スポーツ・クーペ、ヴァンティッジが登場。従来はV8ヴァンティッジ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作
 今月の注目 特別編 : 999.9
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”