ENGINE online/エンジン オンライン

メルセデスAMG・GTに屋根開きが登場。


クリックすると拡大
メルセデスの最速モデルをオープンで堪能する。

ポルシェ911イーターとして生まれたAMGのトップモデルに加わった屋根開きのロードスター・バージョンがついに日本に上陸。


文=新井一樹(本誌)
 メルセデスのスポーツ・ブランド、AMGの中でも頂に立つのがGT。そのスポーツ・モデルにオープン仕様のロードスターが追加され、日本での販売が開始された。
 ファストバックのクーペ・スタイルを持つ2シーターのGTをベースにオープン・ボディに仕立てたもの。ルーフまわり以外のスタイリングは基本的にGTに準じているが、ボディ・パネルの厚みを増やしたり、補強材を追加するなど、ボディ剛性の低下を補うための見えない改良が随所で行われている。
 屋根は開閉式のソフトトップで、開閉時間は11秒。50km/hまでなら走行中での操作が可能だ。ドライサンプ式の4.0ℓV8ツイン・ターボ+デュアル・クラッチ式7段自動MTのパワートレインや前後ダブルウイッシュボーンの専用シャシーなどはクーペと変わらない。
 ボディ以外での大きな変更はGT・Cの追加だ。GT・SとGT・Rの間に位置するハイ・パフォーマンス・モデルで、ベース・グレードのGTに対して、リアのワイド・フェンダー、後輪操舵、電子制御ダンパー、電制LSDなど、GT・Rの装備がふんだんに盛り込まれている。エンジン出力もGTの476ps/64.2kgmから557ps/69.3kgmへと向上。GT・Cは0-100km/h加速を3.7秒でこなす。
 ロードスターはGTとGT・Cの2グレードで、GT・Sの設定はない。価格はそれぞれ1834万円と2298万円(いずれも税込)。GT比でクーペよりも184万円高い。なお、どちらのグレードも完全受注生産モデルとなっている

クリックすると拡大
クリックすると拡大
ルーフまわり以外では、フロントにGT・Rと同じ「AMGパナメリカーナ・グリル」が採用されたのがトピック。丸型4連のエアコンの吹き出し口や太いセンター・トンネルが特徴的なインテリアも基本的にはクーペと変わらない。シートには首元も温める「エア・スカーフ」が備わる。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂