ENGINE online/エンジン オンライン

新しくなったトヨタGRシリーズにイッキ乗り。


クリックすると拡大
本気を感じる。

トヨタは自らが手掛けるチューニング・モデルを一新。もちろん狙いは和製MもしくはAMGに違いない。

文=新井一樹(本誌)

 GAZOO(ガズー)の旗印のもとで、独自のチューニング・モデルを送り出しているトヨタが今回、新たに「GR」というブランドを設立。チューニング・モデルのシリーズ体系の見直しを行った。
 これまでは台数限定のGRMNとそれ以外のG's(ジーズ)という2系統だったが、今回からGRMNを頂点に、GR、GRスポーツという3つのシリーズに再編成。GRMNは従来通り、外装からシャシー、エンジンに至るあらゆる部位をチューンナップしたトップ・モデルで、GRはエンジン以外に手を入れた中間モデル。GRスポーツは外装やシャシーが中心といった内容となっている。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 BMWのMで例えるならM2やM4といったMモデルがGRMN、M240iなどのMパフォーマンスがGR、そして各モデルに用意されるMスポーツがGRスポーツといった感じ。スポーツ・シリーズを3体系に分けるのは、ドイツのプレミア・ブランドが取り入れている手法で、おそらくGRがそれを参考にしたのは想像に難くない。シリーズ体系だけではなく、将来的にはGRをMやAMGのようなものにしていきたいはずだ。
 今回は9月に発表されたGRとGRスポーツの各モデルのほか、今冬発売予定の86GRや来春登場するヴィッツGRMNのプロトタイプにも試乗したが、どれも標準車で気になったところにしっかり手が加えられていて好感度は高かった。
こっちを標準車にすればいいのにと思うほどの出来映え。この調子で突き詰めていけば、GRがMになるのもけっして夢物語ではないかもしれない。
86GRのプロトタイプはエンジンがノーマルでカーボン製パーツが省かれる以外は2016年に発売された86GRMNに近い内容を持つ。横方向のグリップ力が高く、闇雲にスライドするノーマル86とは大違い。この脚を是非標準にしてほしい。右はヴィッツGRMNのプロトタイプ。212ps(試験値)の1.8ℓ直4+機械式過給器を搭載する。スパルタンなのかと思いきや、意外に大人な仕上がり。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER/…
大幅改良された新型アウトランダーの市販モデルに公道で乗ることができた。出力アップした発電機とリ…
NEWS
Renault Megane / ルノ…
新型メガーヌR.S.の発表に先立ち、その魅力をしっかりと理解してもらうべく、ルノー・スポール社のエ…
ENGINE ROOM
生粋のハワイアン・カウ…
ただグリルパンで焼くだけで出来上がる、絶品のグリル鶏料理、「しましまチキン」。今回はこのしまし…
NEWS
LAMBORGHINI Aventador S…
6月にプロトタイプを走らせてニュルブルクリンク北コースで6分44秒97を記録し、量産市販車の最速ラ…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
シトロエンC3とともに日本におけるPSAの好調な販売の原動力となっているのが、昨年プジョーに加わった…
NEWS
BMW M2/ビーエムダブリ…
4年というBMWとしては短いサイクルで全面変更されたX4が日本に上陸した。BMWのコンパクトSUV、X3ベー…
NEWS
LANDROVER & JAGUAR/ラ…
ボルボは新しい自動運転車のコンセプト・モデル、360cを発表した。360cはガルウイング・タイプの巨大…
NEWS
全米でまさかの大ヒット …
主要キャストが全員アジア人というハリウッドのロマンティック・コメディが、全米で大ヒットしている…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス
 アフターサービスも最高レベル
 本物の“タイムレス”を創るテクノロジー