ENGINE online/エンジン オンライン

新しくなったトヨタGRシリーズにイッキ乗り。


クリックすると拡大
本気を感じる。

トヨタは自らが手掛けるチューニング・モデルを一新。もちろん狙いは和製MもしくはAMGに違いない。

文=新井一樹(本誌)

 GAZOO(ガズー)の旗印のもとで、独自のチューニング・モデルを送り出しているトヨタが今回、新たに「GR」というブランドを設立。チューニング・モデルのシリーズ体系の見直しを行った。
 これまでは台数限定のGRMNとそれ以外のG's(ジーズ)という2系統だったが、今回からGRMNを頂点に、GR、GRスポーツという3つのシリーズに再編成。GRMNは従来通り、外装からシャシー、エンジンに至るあらゆる部位をチューンナップしたトップ・モデルで、GRはエンジン以外に手を入れた中間モデル。GRスポーツは外装やシャシーが中心といった内容となっている。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 BMWのMで例えるならM2やM4といったMモデルがGRMN、M240iなどのMパフォーマンスがGR、そして各モデルに用意されるMスポーツがGRスポーツといった感じ。スポーツ・シリーズを3体系に分けるのは、ドイツのプレミア・ブランドが取り入れている手法で、おそらくGRがそれを参考にしたのは想像に難くない。シリーズ体系だけではなく、将来的にはGRをMやAMGのようなものにしていきたいはずだ。
 今回は9月に発表されたGRとGRスポーツの各モデルのほか、今冬発売予定の86GRや来春登場するヴィッツGRMNのプロトタイプにも試乗したが、どれも標準車で気になったところにしっかり手が加えられていて好感度は高かった。
こっちを標準車にすればいいのにと思うほどの出来映え。この調子で突き詰めていけば、GRがMになるのもけっして夢物語ではないかもしれない。
86GRのプロトタイプはエンジンがノーマルでカーボン製パーツが省かれる以外は2016年に発売された86GRMNに近い内容を持つ。横方向のグリップ力が高く、闇雲にスライドするノーマル86とは大違い。この脚を是非標準にしてほしい。右はヴィッツGRMNのプロトタイプ。212ps(試験値)の1.8ℓ直4+機械式過給器を搭載する。スパルタンなのかと思いきや、意外に大人な仕上がり。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。
NEWS
MASERATI Granturismo Gr…
マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじま…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。
 新しい時代への誘い。
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾