ENGINE online/エンジン オンライン

新しくなったトヨタGRシリーズにイッキ乗り。


クリックすると拡大
本気を感じる。

トヨタは自らが手掛けるチューニング・モデルを一新。もちろん狙いは和製MもしくはAMGに違いない。

文=新井一樹(本誌)

 GAZOO(ガズー)の旗印のもとで、独自のチューニング・モデルを送り出しているトヨタが今回、新たに「GR」というブランドを設立。チューニング・モデルのシリーズ体系の見直しを行った。
 これまでは台数限定のGRMNとそれ以外のG's(ジーズ)という2系統だったが、今回からGRMNを頂点に、GR、GRスポーツという3つのシリーズに再編成。GRMNは従来通り、外装からシャシー、エンジンに至るあらゆる部位をチューンナップしたトップ・モデルで、GRはエンジン以外に手を入れた中間モデル。GRスポーツは外装やシャシーが中心といった内容となっている。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 BMWのMで例えるならM2やM4といったMモデルがGRMN、M240iなどのMパフォーマンスがGR、そして各モデルに用意されるMスポーツがGRスポーツといった感じ。スポーツ・シリーズを3体系に分けるのは、ドイツのプレミア・ブランドが取り入れている手法で、おそらくGRがそれを参考にしたのは想像に難くない。シリーズ体系だけではなく、将来的にはGRをMやAMGのようなものにしていきたいはずだ。
 今回は9月に発表されたGRとGRスポーツの各モデルのほか、今冬発売予定の86GRや来春登場するヴィッツGRMNのプロトタイプにも試乗したが、どれも標準車で気になったところにしっかり手が加えられていて好感度は高かった。
こっちを標準車にすればいいのにと思うほどの出来映え。この調子で突き詰めていけば、GRがMになるのもけっして夢物語ではないかもしれない。
86GRのプロトタイプはエンジンがノーマルでカーボン製パーツが省かれる以外は2016年に発売された86GRMNに近い内容を持つ。横方向のグリップ力が高く、闇雲にスライドするノーマル86とは大違い。この脚を是非標準にしてほしい。右はヴィッツGRMNのプロトタイプ。212ps(試験値)の1.8ℓ直4+機械式過給器を搭載する。スパルタンなのかと思いきや、意外に大人な仕上がり。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス