ENGINE online/エンジン オンライン

東京モーターショウで次期トヨタ・センチュリーがデビュー。


クリックすると拡大

もはや伝統工芸品。

20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターショウへお越しください。
文=新井一樹(本誌)

 「一般の人には売ってもらえない」「カタログすらもらえない」といった都市伝説すら生まれるほど独特の世界観を持つトヨタ・センチュリー。世界に数多くのショーファー・ドリブン・カーが存在するが、センチュリーが築く孤高の世界を超えるのはロールス・ロイス・ファントムだけと言っても過言ではないだろう。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 そんなトヨタの超高級サルーンが再びフル・モデルチェンジを行い、3代目へと進化することになった。実際に発売されるのは2018年年央なので、そこを起点にすると21年ぶりの全面刷新となる。
 東京モーターショウにはプロトタイプとして出展されるが、ほぼこのまま市販されると思って間違いない。
 空力に屈した最近のセダンとは一線を画す、真っ直ぐなルーフラインを持つそのスタイリングは、若干ボディサイズは拡大しているが、紛うことなきセンチュリーに仕立てられている。
 そう感じさせるのは、前後の灯火類の造形が似ているからだけではないはずだ。新型はファントムよろしく太く、そして角度が立てられたCピラーなどにより、さらに威厳が増した。100%ウールのファブリックを標準仕様とするシートや杢目にまで気を配ったウッド・パネルを用いた室内もこれまでの世界観を継承している。もちろん、サイドシルと床の低段差化やドア開口高の拡大など、使い勝手の良さを進化させる手は緩められていない。
 残念なのは、2代目センチュリーの象徴である日本車唯一のV型12気筒が5.0ℓV8ハイブリッドに置き換えられたことだ。
センチュリーらしさはまったく失われていないが、初代から2代目になったときよりも、デザインの変化は大きいかもしれない。ボディ・サイズは全長が65mm、全幅40mm、全高が30mm拡大し、全長5335×全幅1930×全高1505mmになった。ホイールベースも3090mmへと65mm長くなっている。機能面に関して、V12からハイブリッドに置き換えられたこと以外の発表は行われていない。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂
 「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年を祝う新作
 今月の注目 特別編 : 999.9
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。