ENGINE online/エンジン オンライン

最新のアイサイトを首都高速で試す。


クリックすると拡大
この先に自動運転がいる。

 車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフティプラスへと進化したスバルの安全技術を、首都高速を中心にした都内一般道で試した。一番感心したのは、ステアリング。これまでは車線を逸脱しそうになると介入する緊急回避的な制御だったが、セイフティプラスは早めに操舵がはじまり車線をトレースするような自然な動きになった。緊急回避から自動操舵へとステージがひとつ上がった感じ。この先に自動運転が待っているのだろう。(新井)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
フランス語で“実用的な”という意味の“プラティーク”と名付けられた今回の限定車。黒色の前後バンパー…
NEWS
マシンが2世代目に進化…
2018/19シーズンで5年目を迎える電気自動車のF1こと、フォーミュラE。年々自動車メーカーの参入も増…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス