ENGINE online/エンジン オンライン

成田国際空港に専用仕立てのジャンボが緊急飛来。
なかから出てきたのは、マゼラーティのニューモデル。


クリックすると拡大

ボローニャからの超々特急便。

マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじまった。
文=上田純一郎(本誌) 写真=山田真人

 両手を肩の高さまで上げ、先端が丸い輪の金属探知機が身体の上を往復すると、ようやく先へ進むことが許された。成田空港には何度も来たことがあるけれど、まわりは人影もなく、まるで深夜のオフィス・ビルのよう。青い間接照明が、ほのかに通路を照らしている。突き当たりにある扉を開くと、目の前が急に開けた。おぉ、っと思わず声が出る。マゼラーティのロゴが描かれたボーイング747-400の機首が、ほぼ自分の真上にあった!
 コックピットの下に「ERF」と書いてあったのでなんだろうと尋ねてみると、エクステンデッド・レンジ・フレイター、つまり航続距離の長い貨物機の意味だという。通常の旅客機より15トンほど重いが、その分燃料が積めるため、800kmほど長く飛べるのだそうだ。
 この夜、催されたのはマゼラーティの新作発表会である。なぜ747と一緒に並んでいるかと言えば、まさにこの機体が今回の主役のグラントゥリズモとグランカブリオを運んできたからだ。その数、全部で28台。マゼラーティの本拠地イタリア・ボローニャからロシア・モスクワを経由し、19時間かけて成田に到着。通関したのが昨晩という、まさに超々特急便。実はマゼラーティの日本法人代表、グイド・ジョバネッリ氏はヘリやセスナも操縦する趣味人で、この催しのアイデアの主でもあるという。
 まさにできたてホヤホヤのグラントゥリズモとグランカブリオは、新しい前後バンパーとグリルの意匠でやや迫力を増したように見えるが、あいかわらず美しかった。4.7ℓの自然吸気V8ユニットをフロント・ミドシップに搭載し、6段ATを介して後輪を駆動するクーペとコンバーチブルという機械的な構成も変わっていない。日本仕様は“スポーツ”と“MC”の2本立てで、グラントゥリズモがそれぞれ1890万円と2216万円。グランカブリオが2000万円と2175万円(すべて税込)。次号以降、試乗記をお届けする予定である。

クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
今年もやりました! エンジン大試乗会!! 最新輸入車39台、ジャーナリスト28人が大集合。
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年4月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年3月号
エンジン恒例、“1台じゃ満足できないクルマ好き”大集合。2台持つと、クルマはもっと楽しい!
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス