ENGINE online/エンジン オンライン

成田国際空港に専用仕立てのジャンボが緊急飛来。
なかから出てきたのは、マゼラーティのニューモデル。


クリックすると拡大

ボローニャからの超々特急便。

マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじまった。
文=上田純一郎(本誌) 写真=山田真人

 両手を肩の高さまで上げ、先端が丸い輪の金属探知機が身体の上を往復すると、ようやく先へ進むことが許された。成田空港には何度も来たことがあるけれど、まわりは人影もなく、まるで深夜のオフィス・ビルのよう。青い間接照明が、ほのかに通路を照らしている。突き当たりにある扉を開くと、目の前が急に開けた。おぉ、っと思わず声が出る。マゼラーティのロゴが描かれたボーイング747-400の機首が、ほぼ自分の真上にあった!
 コックピットの下に「ERF」と書いてあったのでなんだろうと尋ねてみると、エクステンデッド・レンジ・フレイター、つまり航続距離の長い貨物機の意味だという。通常の旅客機より15トンほど重いが、その分燃料が積めるため、800kmほど長く飛べるのだそうだ。
 この夜、催されたのはマゼラーティの新作発表会である。なぜ747と一緒に並んでいるかと言えば、まさにこの機体が今回の主役のグラントゥリズモとグランカブリオを運んできたからだ。その数、全部で28台。マゼラーティの本拠地イタリア・ボローニャからロシア・モスクワを経由し、19時間かけて成田に到着。通関したのが昨晩という、まさに超々特急便。実はマゼラーティの日本法人代表、グイド・ジョバネッリ氏はヘリやセスナも操縦する趣味人で、この催しのアイデアの主でもあるという。
 まさにできたてホヤホヤのグラントゥリズモとグランカブリオは、新しい前後バンパーとグリルの意匠でやや迫力を増したように見えるが、あいかわらず美しかった。4.7ℓの自然吸気V8ユニットをフロント・ミドシップに搭載し、6段ATを介して後輪を駆動するクーペとコンバーチブルという機械的な構成も変わっていない。日本仕様は“スポーツ”と“MC”の2本立てで、グラントゥリズモがそれぞれ1890万円と2216万円。グランカブリオが2000万円と2175万円(すべて税込)。次号以降、試乗記をお届けする予定である。

クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせて…
NEWS
VOLVO XC60 D4/ボルボ X…
世界中で大人気のボルボXC60の、ディーゼル仕様、D4が上陸。トリム違いで3グレードを展開するが、全…
NEWS
McLaren senna/ マクラ…
マクラーレンの新しいアルティメット・シリーズ、“セナ”の日本初公開に合わせて、セナを始め、“P1”の…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
最大の変更は“RF”に搭載される2.0ℓ直4。大径スロットル・バルブ&吸気・排気バルブ、軽量低抵…
NEWS
MASERATI GHIBLI/マセラ…
マセラティ・ギブリに“ステカナート”という名を加えた特別限定仕様車が加わった。
NEWS
CITROEN C3/シトロエンC…
前回の“ELLE”に続き、早くもC3に特別仕様車の第2弾が導入された。“カフェ・エディション”という名前が…
NEWS
BMW M4 CONVERTIBLE/ビ…
ドイツ本国では初代から連綿と設定されていたM3/M4のカブリオレが日本に導入されることになった。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂