ENGINE online/エンジン オンライン

東京オートサロン2018に行ってきた。


クリックすると拡大
きらびやかにドレスアップされたオートサロンらしい1台。ディゼマ・ジャパンが手掛けたラーテル。見た目はACコブラ風だが、中身はBMW・Z4。迫力満点。もちろん購入可能。

旧車熱がオートサロンにも飛び火。

今年で36回目を数えるチューニング&ドレスアップ・カーの祭典、東京オートサロンが2018年1月12日〜14日の3日間の日程で開催された。2018年は新車たちに交じって、往年の名車たちが会場を賑わせた。

文=新井一樹(本誌) 写真=篠原晃一、編集部

 いまや年始に行われる自動車業界の風物詩となった東京オートサロンが2018年も千葉県の幕張メッセで開催された。
 2カ月ほど前に行われた東京モーターショーに一般公開日を含めて4日ほど通い、東京ショーもまだまだ捨てたものではないなと思ったが、東京オートサロンの盛り上がりを見ると「やはり危機感を持った方がいいかも」と思い直さざるを得なかった。それほどまでに会場は熱気と活気と、そして大勢の人で溢れていた。2017年よりも来場者は若干減ったものの、それでも3日間で31万9030人が訪れたという。開催日数が異なるので直接比較できるものではないかもしれないが、1日の平均入場者数、最も多かった日の入場者数ともに東京オートサロンが東京モーターショーを上回っているのだ。
クリックすると拡大
往年のシャレード・デトマソをモチーフにしたダイハツ・ブーンのドレスアップ・カー。昨年は参考出品だったが、今回は市販モデルに昇格し、再び出展された。
クリックすると拡大
オークションは初日に開催された。写真のSR311フェアレディは1155万円(手数料込み)で落札。
オークションを初開催

 今回の目玉、トヨタGRスーパースポーツ・コンセプト以外で目を惹いたのは旧車。トムスに展示されていたマイナー・ツーリング仕様のTE47スターレットをはじめ、あちらこちらで古いクルマたちの姿が見られた。こんなに旧車が展示されたのは初めてだろう。世界的に旧車熱が盛り上がっているが、チューニング&ドレスアップ・カーにも飛び火した感じだ。また今回、その象徴ともいえるイベントも開催された。
“東京オートサロン・オークション with BH Auction”。
 日本初の本格的なコレクター向けの自動車オークションだ。16台の走る宝石たちが出展され、うち13台が競り落とされ、合計落札価格は手数料込みで4億5067万円に及んだ。
 旧車以外では、とくに目立った車種やカテゴリーはなく、広い車種やカテゴリーが万遍なく網羅されていたのが2018年の特徴かもしれない。ただ、相変わらず夢のクルマから買って帰れるパーツまで、展示内容は玉石混淆。そのすべてを堪能するには1日はおろか3日あってもとてもじゃないけど足りない。それが東京オートサロンの面白いところ。その魅力にヤラれたクルマ好き達がまた来年も、キレイなお姉さんと派手なクルマと大音量が鳴り響く会場に戻ってくるのだ。
クリックすると拡大
近年、自動車専門学校の学生たちの出展が増えているが、これはその中の1台。トヨタ・ヴェルファイアをピックアップ・トラックへと大変身させている。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
軽自動車をアルファ・ロメオF-12風にモディファイした1台。
トムスはレクサスLCとともに、往年のスターレットのレースカーを出展。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂