ENGINE online/エンジン オンライン

マゼラーティの体験型オーナー向けイベント、“ドライブ&セイル”でヨットの大型外洋レーサーに同乗する千載一遇のチャンスを得た。


クリックすると拡大
人生最大級の衝撃がそこに!

沖縄の海で体験した高速ヨット、マゼラーティ・マルティ70は、水上を飛ぶように疾走する、夢のような乗り物だった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=マセラティ・ジャパン
 大型ヨット、外洋レーサーのマゼラーティ・マルティ70は、今まさに、新記録を打ち立てるべくロンドンを目指している。かつて紅茶葉を英国へと運んだ航路をどれだけ速くヨットで渡り行くことができるか、その世界記録を打ち破ろうとしているところだ。現在の記録は41日21時間26分34秒。マゼラーティ・マルティ70の舵を握る艇長、ジョバンニ・ソルディーニ氏自身がかつて打ち立てた記録である。全行程2万4000kmノンストップ。スキッパーのソルディーニ氏と4人のクルーだけで、風の力を頼りに洋上を疾走している。疾走すると言うのは誇張でもなんでもない。2017年12月初旬、ハワイでのレースを終えたマゼラーティ・マルティ70は、香港へ向かう途中、沖縄へ立ち寄り、これに合わせてマゼラーティ・オーナー向けのイベント、『マゼラーティ・ドライブ&セイル・エクスペリエンス』が開催された。それに同行させてもらえたのである。
 マゼラーティ・マルティ70、これはクルマに例えるなら、ルマン24時間の優勝を争うLMP1マシンのような純レーシング・ヨットだ。お客さんを乗せるスペースなどない。ないのだけれど、このヨットはマストの立つ中央胴体の左右にアウトリガーを張り出した三胴船で、主船体とアウトリガーを結ぶ梁の上に強靭なネットが張ってある。
 そこを使って同乗させてもらうのだ。ライフ・ジャケットを着て、乗船し、いざ出港。ゆるゆると進んで外海に出ると、クルーたちの動きにやおら緊張感が漲る。そして、幌が一杯に張られたと思うやいなや、マゼラーティ・マルティ70は、信じられないような高速で、飛び始めた。それは水上を猛烈な速さで滑走する。最高で80km/h近い速度が出るという。
 それは僕の乗り物体験のなかで、最も衝撃的だった。

クリックすると拡大

マゼラーティ・マルティ70のスキッパー(舵を握る艇長)のジョバンニ・ソルディーニ氏は、世界的に有名なヨット・レーサーにして冒険家だ。只今、香港からロンドンへ向けて航海中。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂