ENGINE online/エンジン オンライン

フェイスリフトを受けた新型キャプチャーの出来映えは?


クリックすると拡大
華やかになった。

 必要十分条件を満たす典型的な小型2BOXカーのルーテシアに対して、同じプラットフォームを使いながらも全高を引き上げて室内居住空間と荷室を拡大したキャプチャー。どちらもよくできたクルマだけれど、キャプチャーは直接的な競合関係になるライバルがほとんどいない。しいてあげれば、ホンダのヴェゼルぐらいだろうか。大径タイヤを履いてロード・クリアランスを増やし、見た目にSUV的要素を織り込んで、ともすればフェミニンな雰囲気を強く漂わせがちなモノフォルムのピープル・ムーヴァーに、ジェンダーを意識させないことでも、この2台は近しい。
 その優れたファミリー・カーのキャプチャーにマイナーチェンジが施された。前後の灯火類がすべてLED式になり、これにあわせてフロント・バンパー周りの造形が変わった。ちょっと、精悍になった。
クリックすると拡大
新型キャプチャーにはインテンス(税込269万9000円)と革張りシートにしたインテンス・レザー(税込279万9000円)が設定される。走行モードの切り替えは“標準”、悪条件路用の“ソフト・グラウンド”、スロットル制御に電子制御の介入しない上級者向け“エキスパート”の3つ。
 機械的には基本、変更なし。1.2ℓのターボ過給エンジンにデュアルクラッチ式6段自動MTを組み合わせたパワートレインもそのままだ。走らせても変わらない。これまでどおり、キビキビと好ましい。それでいて、ゆったりとした感触もある。ただし、新型にはスロットルと4輪のブレーキの個別制御を組み合わせてトラクション特性を路面状況に合わせて変えられる、“エクステンデッド・グリップ”なる走行モード切り替え機能が追加された。大径タイヤと大きなロード・クリアランスをより活かすものだ。タイヤもM+Sに変更された。実用車としての魅力、益々大だ。 (齋藤)

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂