ENGINE online/エンジン オンライン

フェイスリフトを受けた新型キャプチャーの出来映えは?


クリックすると拡大
華やかになった。

 必要十分条件を満たす典型的な小型2BOXカーのルーテシアに対して、同じプラットフォームを使いながらも全高を引き上げて室内居住空間と荷室を拡大したキャプチャー。どちらもよくできたクルマだけれど、キャプチャーは直接的な競合関係になるライバルがほとんどいない。しいてあげれば、ホンダのヴェゼルぐらいだろうか。大径タイヤを履いてロード・クリアランスを増やし、見た目にSUV的要素を織り込んで、ともすればフェミニンな雰囲気を強く漂わせがちなモノフォルムのピープル・ムーヴァーに、ジェンダーを意識させないことでも、この2台は近しい。
 その優れたファミリー・カーのキャプチャーにマイナーチェンジが施された。前後の灯火類がすべてLED式になり、これにあわせてフロント・バンパー周りの造形が変わった。ちょっと、精悍になった。
クリックすると拡大
新型キャプチャーにはインテンス(税込269万9000円)と革張りシートにしたインテンス・レザー(税込279万9000円)が設定される。走行モードの切り替えは“標準”、悪条件路用の“ソフト・グラウンド”、スロットル制御に電子制御の介入しない上級者向け“エキスパート”の3つ。
 機械的には基本、変更なし。1.2ℓのターボ過給エンジンにデュアルクラッチ式6段自動MTを組み合わせたパワートレインもそのままだ。走らせても変わらない。これまでどおり、キビキビと好ましい。それでいて、ゆったりとした感触もある。ただし、新型にはスロットルと4輪のブレーキの個別制御を組み合わせてトラクション特性を路面状況に合わせて変えられる、“エクステンデッド・グリップ”なる走行モード切り替え機能が追加された。大径タイヤと大きなロード・クリアランスをより活かすものだ。タイヤもM+Sに変更された。実用車としての魅力、益々大だ。 (齋藤)

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス