ENGINE online/エンジン オンライン

スクーデリア・フェラーリ、2018シーズン開幕3戦で2勝!


クリックすると拡大
S.ヴェッテルが開幕2連勝!

開幕前の予想を覆して、予選ではフェラーリが優位に立つ一方、決勝レースではこれまでにない接戦が繰り広げられている。
 ドライバーの頭部保護を目的にハーローが導入されたり、潤滑油を燃焼剤として利用する(ブローバイ・ガスの燃焼)ことが禁止されたりなど、いくつか規則変更が行なわれたものの、基本的には昨シーズンと変わらない車両規定に則ったマシンで戦われることになった2018年のF1 GP。1.5ℓV6ターボ・エンジンに2種類のエネルギー回生装置による電力を使う電動モーターを組み合わせたパワー・ユニットを使うようになって以降、メルセデスAMGの覇権が続いてきたなかで、徐々にそこに追いついてきたフェラーリやレッドブル・ルノーが、どこまで王者に迫れるかが注目されるなかで開幕した。
フェラーリはオーストラリアGPとバーレーンGPでセバスチャン・ヴェッテルが優勝。中国GPではキミ・ライコネンが奮闘し、3位入賞を果たした。
 例年どおりオーストラリアGPで開幕して、バーレーンGP、中国GPと3戦が終了。これまでにない混戦、激戦が続いている。
 予選では開幕前の予想を覆してフェラーリがメルセデスAMGを撃破、レッドブル・ルノーを加えた3強で繰り広げられる最前列争いで一歩リードするかたちになっている。ブローバイ・ガスを積極的に有効利用する手法をいち早く確立して、予選でのここ一発にパーティ・モードと呼ばれるほどの強力な引き出しをもっていたメルセデスAMGが、今年はそれが禁止されて、予選3回目における劇的なタイム短縮が今年は行なえなくなっている一方、ロングランのペースがものを言う決勝レースでは3強ががっぷり四つの様相を呈しているが、戦略ミスやセイフティ・カーの導入などといったレースならではの綾が続いて、勝敗が決している。
 開幕戦ではメルセデスAMG陣営がピットイン所要時間の計算ミスでルイス・ハミルトンが勝機を逃し、フェラーリのセバスチャン・ヴェッテルが優勝、第2戦ではタイヤ交換戦略で果敢に攻めたメルセデスAMG勢の猛追を、タイヤ・マネジメントの上手さを活かしたヴェッテルが凌ぎきって初戦に続く連勝を決めた。第3戦ではスターティング・グリッドの最前列を独占したフェラーリが、開幕3連勝を飾るかに思われたが、トロ・ロッソ・ホンダに乗るチーム・メイト同士の接触事故によってセイフティ・カーが導入され、この機に乗じて2回目のタイヤ交換を断行したレッドブル勢が他を圧倒する勢いでレースを席巻、鮮やかな追い越し劇を見せたダニエル・リカルドが勝利した。
 3強のみならず、中段グループも今年はこれまでになく実力が接近しており、今後も接戦が続きそうだ。 (齋藤)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
20倍以上の応募で抽選販売となった初回限定車につづき、アルピーヌA110のカタログ・モデルの概要が発…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
V型を捨て、6気筒エンジンの直列回帰を図るメルセデス。SクラスおよびCLSに採用されたガソリンに続…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボは新しい自動運転車のコンセプト・モデル、360cを発表した。360cはガルウイング・タイプの巨大…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER/…
大幅改良された新型アウトランダーの市販モデルに公道で乗ることができた。出力アップした発電機とリ…
NEWS
Renault Megane / ルノ…
新型メガーヌR.S.の発表に先立ち、その魅力をしっかりと理解してもらうべく、ルノー・スポール社のエ…
ENGINE ROOM
生粋のハワイアン・カウ…
ただグリルパンで焼くだけで出来上がる、絶品のグリル鶏料理、「しましまチキン」。今回はこのしまし…
NEWS
LAMBORGHINI Aventador S…
6月にプロトタイプを走らせてニュルブルクリンク北コースで6分44秒97を記録し、量産市販車の最速ラ…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
シトロエンC3とともに日本におけるPSAの好調な販売の原動力となっているのが、昨年プジョーに加わった…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス
 アフターサービスも最高レベル
 本物の“タイムレス”を創るテクノロジー