ENGINE online/エンジン オンライン

ランボルギーニ・ウラカンが生産台数1万台を達成。


クリックすると拡大
サンタアガタ・ボロネーゼの本社工場でライン・オフした1万台目のランボルギーニ・ウラカン。

ウラカンなればこそ。

 3月13日、ランボルギーニ・ウラカンの1万台目(シャシーNo.10000)がサンタアガタ・ボロネーゼ工場の組み立てラインを後にした。記念すべき1台となったのはクーペのペルフォルマンテ。2018年のデイトナ24時間レースでクラス優勝を遂げたウラカンGT3に敬意を表して、それと同じマンティス・グリーンに塗装されたペルフォルマンテは、カナダで待つオーナーの下へと出荷された。
 2017年、ランボルギーニの世界納車台数は3815台に達したが、そのうちの実に7割近い2642台がウラカンだったという。ウラカンの販売開始は2014年だから、年平均2500台のウラカンが送り出されてきたことになる。
 ランボルギーニ史上、最大のヒット作となったガヤルドの直接後継機種として生まれたウラカンは、そのガヤルドを超える結果を出している。ガヤルドのモデル末期に登場した2WDモデルはウラカンではシリーズ・モデル化され、クーペ、スパイダーともに4WDと2WDから選べる。4WDモデルに設定されたハードコア・モデルのペルフォンマンテも、クーペとスパイダーがあり、計6モデルを擁している。 (齋藤)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂