ENGINE online/エンジン オンライン

パワートレインを刷新したマツダCX-5の進化の度合いを探る。


クリックすると拡大
見た目はそのまま、地道に進化。

 マツダのCX-5に改良が施された。看板のひとつ、2.2ℓディーゼル・エンジンが、CX-8に搭載されたものと同じ、最新のアップデートが織り込まれた仕様になったほか、2.0ℓと2.2ℓのガソリン・エンジンもこと細かに改良が加えられた最新型が投入された。2.2ℓ型には、低負荷時に4気筒のうち2気筒を休止させる機構も組み込まれた。気筒休止はマツダ初となるものだ。ディーゼル、ガソリンともに、最新仕様になったということだ。両車ともに、それぞれ従来型と新型を乗り較べることができたが、確実に改良と呼べる結果を出していた。
クリックすると拡大
 でも、だからといって、従来型に乗っている人が買い換える必要などない。五感を研ぎ澄まして乗り較べでもしないかぎり、その変化に気付くことはないだろう。ガソリン2.5ℓの気筒休止でさえ、その作動状況を体感するのは難しいぐらいだ。これみよがしな変化はない。黒子の部分を一歩一歩着実に改良していく姿勢に貫かれたアップデートだと思えばいい。いかにもマツダらしい好感のもてる改良作業だ。従来型に乗っている人への配慮もあって、外観には一切変更がない。そこもまたいい。 (齋藤)

クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス