ENGINE online/エンジン オンライン

ロールス・ロイスもついにSUV。


クリックすると拡大
その名はカリナン。

 ついにこの日がやって来た。前々からその存在が公言されていたロールス・ロイス初のSUV、カリナンが5月10日、いよいよ姿を現したのだ。その名は、1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見された史上最大のダイヤモンド原石に由来している。
 世の中の多くのSUVとは違い、3ボックス・スタイルを採用したとロールス・ロイスはいうが、実際にノッチバックになっているというわけではない。レンジローバーのように上下に分割して開くテール・ゲートの内側にはガラス製のパーテーションが設けられており、仕様によってはキャビンと荷室が独立しているのだ。
 パーテーションを装着しない場合、セパレート型の2座ないしはベンチ型の3座を選択可能な後席は可倒式になっているので、状況に応じて荷室を拡大することも可能。荷室容量は通常時で2座仕様が526ℓ、3座仕様が600ℓ、最大で1390ℓを誇る。カリナンのプラットフォームはファントム同様アルミ製の“アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー”と呼ばれるもので、前後ドアもファントムと同じく観音開きとなる。パワーユニットはファントムと共通の6.75ℓのV12ユニットだが、8段ATを介して4輪を駆動する。最高出力は571ps/5000rpm、最大トルクは86.7kgm/1600rpmと、最大トルクのみわずかに引き下げられている。最高速度はファントムと同じ250km/h。日本仕様の価格や導入時期は未定だ。(上田)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
エンジン・ドライビング…
エンジン・ドライビング・レッスン2019 受講生募集開始!!
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年3月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年3月号
エンジン恒例、“1台じゃ満足できないクルマ好き”大集合。2台持つと、クルマはもっと楽しい!
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス