ENGINE online/エンジン オンライン

フィアットのクロスオーバーSUV、500Xがモデルチェンジ。
3気筒と4気筒の新世代ガソリン・エンジンを初めて搭載。


クリックすると拡大
“ファイアーフライ”は1.0リッターと1.3リッター。

2014年に登場し、2016年以後はイタリアでカテゴリー1位を続けている500Xが、初めて大掛かりなマイナーチェンジを施されて投入された。
 2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナーチェンジを施されて登場した。トピックはガソリン・エンジンに新世代ユニットが投入されたことで、単室気筒容積0.33リッターのモジュラー設計による3気筒1.0リッターと4気筒1.3リッターが用意される。これまでFIRE系を使い続けてきた小排気量ガソリン・エンジンの実に33年ぶりの完全な代替わりがスタートしたことになる。“FireFly(ファイアーフライ)”のニックネームが与えられたこの新世代ユニットは、高圧ダイキャスト工法で製造されるアルミ合金製シリンダーブロックを土台に構築されており、シリンダーヘッドには第3世代の“MultiAir(マルチエア)”が投入されている。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 SOHCによる4バルブだが、吸気バルブはバルブ開閉時期とリフト量が電子制御される油圧作動の基本はこれまでどおりに、新たに燃焼室内燃料直接噴射システムが組み込まれている。ターボ過給が標準となり、水冷型インタークーラーは吸気コレクター内に組み込まれている。FireFlyは3、4気筒ともにEuro6/D-TEMP排出ガス規制に適合しており、微粒子フィルターも装備する。
 これまでのガソリン・エンジン比で20%燃料消費率が良く、同出力水準のディーゼル・エンジンより20%静かだという。1.0は120psと19.4kgm、1.3は150psと27.5kgmを発揮する。変速機は1.0に6MT、1.3に6MTと6DCTが用意され、FWDモデルにのみ搭載される。新型500Xには他に1.6リッターの自然吸気ガソリン(120ps)、1.3/1.6/2.0リッターのターボ・ディーゼルが用意されるが、4WDは2.0ディーゼルに9ATとの組み合わせで設定されている。 (齋藤)

クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス