ENGINE online/エンジン オンライン

ウインダムがレクサスESの名で帰ってきた。


クリックすると拡大


再び日本市場で勝負。

 レクサスにニューモデル、ESが加わった。ESはLSとともに1989年に北米でレクサスが立ち上がった当初からラインナップされていた前輪駆動のセダンで、新型で7代目を数える。日本でも以前、カムリ・プロミネントやウインダムの名で導入されていたと聞けば、あのクルマかと思い出す人も多いはず。残念ながら日本市場でレクサスが立ち上がったのと前後して終了していたが、今回本来のブランドと車名で再び日本で販売されることになった。
 歴代モデル同様、トヨタ・カムリをベースに上質感を高めたラグジュアリー・セダンで、内外観は新型LSにかなり寄せたデザインを持つ。とくに外観はプチLSと言っていいほどよく似ている。量産車としては世界初となるカメラを用いたデジタル・ドアミラーの採用が大きなトピック。上級グレードにオプションで用意される。ちなみに価格は21万6000円。日本仕様はカムリ同様、2.5リッター直4ベースのハイブリッドのみで、価格は580万円〜698万円。  ( 新井)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス