ENGINE online/エンジン オンライン

PSAの電動化が本格始動。


クリックすると拡大


2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れているのか。
文・写真=新井一樹(本誌)
 現在、欧州市場で自動車メーカーを悩ませているのが、2021年から始まる二酸化炭素排出規制。2020年の実績によってメーカーごとの目標値は異なるものの、平均で約95g/kmという基準を下回ることが義務づけられ、届かない場合には超過した量と台数に比例した罰金が科せられる。95gを燃費に置き換えるとガソリン・エンジンで24km/リッター以上。この数字を見れば、それが如何に厳しい規制かがおわかりいただけるだろう。欧州メーカー、とくに大型大排気量の多いプレミアム・ブランドがこぞってプラグイン・ハイブリッドや電気自動車を積極的に導入しているのは、少しでも燃費のいいモデルを販売して、二酸化炭素排出量を抑えたいからにほかならない。
クリックすると拡大
パリ・ショウでデビューしたDS3クロスバックには電気自動車が用意される。PSAはDS3のようなスモール・クラスには電気自動車を投入する戦略を採る。このクルマは2019年後半市販予定。
クリックすると拡大
 さらに、VWのディーゼルゲートやドイツの一部都市で可決された基準に満たないディーゼル車の走行を禁止する条例などにより燃費で有利なディーゼル車の販売が減少するとともに、燃費の測定法がこれまでよりも厳しいWLTP(Worldwide harmonizedLight vehicles Test Procedure)と呼ばれる新しいものに切り替わるなど、そのハードルがさらに高くなっているのだ。そのため、当初は電動化に頼らなくても基準を達成できると思われていたPSAをはじめとする小型車中心のメーカーも電動化へと舵を切らざるを得なくなってきたのだ。PSAが2018年のパリ・モーターショウで電動化モデルを多数輩出してきたのにはそんな背景が見え隠れする。
 もちろん電動化はけっしてネガティブなことではない。プジョーのエンジニアはたとえ電動化してもクルマとしての楽しさを捨てたりはしないと断言していた。彼らの思いが続くかぎり、パワートレインは内燃機関からモーターに変わったとしても、クルマ好きが欲しくなる自動車は作り続けられるはずだ。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
プジョーはSUVの3008と2019年に日本でも販売が開始される508にプラグイン・ハイブリッドを設定する。エンジン+1モーターのFFと、さらにリアにモーターを備えたエンジン+2モーターの4WDの2種類。3008、508とも2019年秋から販売開始予定。
シトロエンの電動化モデルはプジョー3008の兄弟車、C5エアクロス。180psのガソリン・エンジンと109psのモーターとの組み合わせ。システム総合出力は225ps。8段ATを介して前輪を駆動。13.2kWhのリチウムイオン電池によりモーター走行は約50km。
クリックすると拡大
DSのトップ・モデル、DS7クロスバックにはEテンス4×4というシステム総合出力300psの4WD版プラグイン・ハイブリッドが用意される。DSをはじめPSAは2025年までにすべての車種で電動化モデルが選べるようにラインナップを拡充する予定だ。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス