ENGINE online/エンジン オンライン

『アイ,トーニャ史上最大のスキャンダル 』



昨年、全米で公開された本作は、批評家から最大級の賛辞を受け、アカデミー賞ではマーゴット・ロビーの主演女優賞を含む3部門でノミネート。ハーディングの鬼母を怪演したアリソン・ジャネイに見事、助演女優賞をもたらした。なお脚本はハーディングと、元夫のジェフ・ギルーリーのインタビューを元に執筆されたが、2人の話は大きく食い違っていたという。120分。配給:ショウゲート。5月4日よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー。
記事にもどる
  <前の画像 2 / 2 次の画像>
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…