ENGINE online/エンジン オンライン

la kaguで特別イベントを開催


クリックすると拡大
『特別開催!「ランプナイト」〜写真家・雜賀雄二が案内するランプの世界』は2月22日、la kagu(ラカグ)2Fのレクチャースペースsokoにて開催される(19:00〜20:30、受付開始18:30〜。自由席2000円。チケットの購入はla kaguのホームページまで  http://www.lakagu.com/event)。
「家がランプで占領されている」という雜賀氏の蒐集品より、今回は“産業ランプ”にスポットを当てる。


産業ランプに 魅せられて……。


20世紀につくられた照明器具の中でも、あまり注目されることのなかった“産業ランプ”の人気が高まっている。
その魅力を伝えるイベントが2月、la kaguで開催される。
文=永野正雄(本誌)


 この世に電気ランプが登場して100年以上が経つが、美術品、工芸品として価値を認められたもの以外、工場や会社で働く人々が使用していた、いわゆる“産業ランプ”は、長らくコレクターの興味の対象ではなかった。だが近年、欧米では、この産業ランプに関心を持つ人々が増えている。シンプルにして頑丈なこれらの照明器具は、機能性に特化しており、その潔いミニマリズム的意匠の美しさが、ここにきて見直されているのである。
神楽坂駅前に建つ la kaguで2月22日に行われる『特別開催!「ランプナイト」〜写真家・雜賀雄二が案内するランプの世界』は、普段はあまりお目にかかることのできない、歴史的なランプに接することのできるイベントである。当日は、日本有数のコレクターである雜賀氏の話とあわせて、20世紀初頭から1970年頃までの、主にフランスやドイツのランプを見ることができる(その一部は会場で販売される)。20世紀の文明の歩みを静かに照らしつづけてきたランプの灯り。その歴史と温もりを、この機会に肌で感じてみたい。

雜賀雄二(写真)
さいが ゆうじ

1951年、兵庫県生まれ。写真家、武蔵野美術大学非常勤講師。軍艦島の写真などで知られ、廃墟写真の元祖とも言われる。主な写真集に『軍艦島−棄てられた島の風景』(芸術選奨新人賞受賞)、『軍艦島−眠りのなかの覚醒』『天主堂』など。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。
NEWS
MASERATI Granturismo Gr…
マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじま…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ビジネスシーンにも映える、現代の“マリーン トルピユール”
 着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。
 新しい時代への誘い。
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾