ENGINE online/エンジン オンライン

話題の大規模複合施設、GINZA SIXに能楽堂。銀座で“能”!?


GINZA SIX内に開場する観世能楽堂のイメージ図。一枚板でつくられた檜の舞台は、渋谷区松濤の観世能楽堂で使われていたものをそのまま移築する。4月20日から30日、5月6日にオープンを記念した祝賀能、日賀寿能が行われる(一部、招待、貸切公演あり)。公演の詳細は観世会ホームページ(www.kanze.net)、もしくは観世会 Tel.03-5778-4380 まで。


話題の大規模複合施設、GINZA SIXに能楽堂。銀座で“能”!?


4月にオープンを控えた新複合施設、GINZA SIX。
その地下3階に、観世能楽堂が引っ越してくる。
能に親しむための新たなる入口となるか?
文=永野正雄(本誌)


 4月20日に銀座中央通沿いにオープンするGINZA SIX。241のショップやレストランが入居する地域最大級の複合施設だが、地上13階、地下6階の建物の中でも、ひときわ異彩を放つのが地下3階。渋谷の松濤で34年間親しまれた観世能楽堂が、檜の舞台ごと、この街に引っ越してくるのだ。
「実は観世宗家の屋敷は、明治に入るまで銀座にあったんですよ。今回の移転で我々は、約150年ぶりに銀座に戻ることになるわけですね」
 と、言うのは山階彌右衛門さん。観世流の能楽師であり、二十六世宗家、観世清和氏の弟に当たる。
 難解でとっつきにくい……。多くの人が抱きがちな、能のイメージである。また一度も能楽堂に足を運んだことがない人も少なくはないだろう。だが山階さんは、銀座への移転をきっかけに、初心者でも楽しめる企画を増やしていきたい、と話す。
GINZA SIX
銀座六丁目に誕生するGINZA SIX。地下2階から6階、13階の一部分が商業施設で、中央部は開放感のある巨大な吹き抜け空間(イメージ図)。中央通りに面した路面店として、フェンディやディオールなど6ブランドが出店する。屋上には約4000平方mの庭園もあり。
「そのひとつが、最近、始めた『はじめて能』です。舞台の前に演目の解説をつけることはよくありますが、『はじめて能』では、上演中の舞台を何度か止めながら、その都度、解説を加えていく。いろいろな意見もありますが、まずは面白く観ていただくことが大切。銀座では、実験的にイヤホンガイドの導入も検討しているんですよ」
 また新しい能楽堂は座席数が480と、松濤の552より約1割少ない。その分、椅子や通路がゆったりとしていて、より舞台が見やすくなるそうだ。
「女性だけでなく男性も、高級なフランス料理を味わう気分で、気持ちよくお越しいただきたいですね」
 と、山階さんが続ける。もちろん能の舞台には決まり事が多く、謡も初心者が容易に理解できるものではない。だが、
「最初は無理に話を追わなくとも、舞踊的な舞の美しさや、囃子方が奏でる音楽、美術品のような能面、装束などを、リラックスしながら楽しんでほしい。能の素晴らしさは、何よりその品格にこそありますので」(山階さん)
 知れば知るほど奥深い能の世界。銀座の新しい能楽堂は、その格好の入り口となるはずである。





観世能楽堂の祝賀能で上演される『翁』。正月の初会や劇場のこけら落としなど、ハレの日に上演される特別な曲である。物語らしきものは特になく、翁となったシテ(主役)と、狂言方の三番叟(三)が、天下泰平と五穀豊穣を祈り舞う。シテが舞台で一面をつけたり、小鼓方が3人登場したりするのも、この曲でしか見られない。左の写真で翁を勤めるのは二十六世宗家観世清和(右の千歳は観世三郎太)。

羽衣

舞台衣装の華やかさでも人気の高い『羽衣』。羽衣とはご存知のとおり、天人が天空を自由に飛び回るための衣である。羽衣を見つけた漁師が、天人に返すかわりに舞をお願いする物語だが、話そのものより、天人が舞う舞の美しさに注目したい。なお舞台では、長絹という装束が羽衣として使用される。右の写真で天人を演じるのは、山階彌右衛門。観世能楽堂の日賀寿能でも上演される。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
東京の伊勢丹新宿店に「…
伊勢丹新宿店(東京都新宿区新宿3-14-1 Tel.03-3352-1111/大代表)本館4階=ジュエリー&ウォッチにて…
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
レンジローバー・イヴォークの特別仕様車、“クール・スタイル”と“フリー・スタイル”が登場した。
NEWS
“ギリギリ”の高初速性能…
PRGR(プロギア)から、“ギリギリ”の高初速性能と広い高初速エリアをさらに追求したドライバー「RS 20…
NEWS
「TIMEX」のフラッグシッ…
1854年の創業以来、リーズナブルかつ機能性、汎用性の高さを誇る時計ブランド「TIMEX(タイメックス)…
NEWS
Alpine/アルピーヌ輸入…
今年のジュネーブ・ショウでワールド・プレミアされ、欧州では予約も始まっている新生アルピーヌの日…
NEWS
IQOS本体のフタを固定す…
「GRAMAS COLORS(グラマスカラーズ)」から、加熱式電子タバコ「IQOS」用アクセサリーの「CIG」ライ…
NEWS
KANGOO/カングー今度は…
早くも、今回で2017年の第4弾となるカングーの限定車が登場。その名はオーセンティック6MT。
NEWS
ESCALADE/エスカレード…
キャデラックのフルサイズSUV、エスカレードがマイナーチェンジし6月17日より発売された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 バーゼル新作時計見本市、速報
 バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾
 マニファッティのドライビング・グローブ 限定30個!
 ドライバーのためのGPSソーラー・ウォッチ SEIKO ASTRON × GIUGIARO DESIGN〈PR〉
 ENGINEオリジナル LOCMAN×武田双雲の腕時計、限定30本!