ENGINE online/エンジン オンライン

映画「ベイビードライバー」


クリックすると拡大
『ベイビー・ドライバー』 8月19日より新宿バルト9他全国ロードショー 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

全米熱狂のカーアクション映画が上陸

天才的なドライビング・テクニックを持つ若者を主人公にしたアクション映画が、全米で大ヒットしている。その面白さのヒミツは、カーチェイスと音楽の融合にあった。
文=永野正雄(本誌)

 銀行強盗犯が現場から逃げ去るのに最も適しているのはどんなクルマか?
 監督のエドガー・ライトいわく、「街中を普通に走っていて、交通の流れに溶け込むような白やグレイ、赤のクルマ」  具体的な車種では、スバル・インプレッサWRX、シボレー・アバランチ、三菱ギャラン。いずれもライト監督の新作『ベイビー・ドライバー』に登場するクルマである。
 主人公は、天才的なドライビング・テクニックを駆使し、銀行強盗犯の逃亡の手助けをする若者ベイビー(アンセル・エルゴート)。裏稼業から足を洗うために彼が引き受けた最後のミッションを描いた本作は、7月に全米で公開されるや、観客と批評家の双方から熱烈な賛辞をもって受け入れられた。そしてその賛辞の最大の理由が、これまでの作品とは一線を画すカーアクションにあるのだ。
 ドリフトやJターンをふんだんに取り入れた本作のカーアクションの多くは、できるだけ長いワンテイクで撮影されたものである。短いカットをつないだ編集で誤魔化さない臨場感にシビれるが、これらのシーンを更に特別なものに仕立てているのが、ライト監督が脚本執筆時から決めていたという、劇中の“音楽”である。
クリックすると拡大
イギリスの映画監督エドガー・ライトが本作のアイデアを思いついたのは20年以上前。人気ロック・バンド、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの『ベルボトムズ』を聴いて、この曲にあわせたカーチェイス・シーンをつくりたいと考えたという。本作では『ベルボトムズ』のほか、クイーンの『ブライトン・ロック』など、監督こだわりの30曲以上が流れる。主演は『きっと、星のせいじゃない。』で注目されたアンセル・エルゴート。ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックスといったオスカー俳優が脇を固める。113分。
 幼少時の交通事故が原因で耳鳴りが止まらない主人公ベイビーは、耳鳴りを消すために運転中も常にイヤホンをしている。そんな彼の耳に響いているのが、ロックやソウルの名曲たち。これらの音楽のメロディやリズム、ビートが、神業的なハンドルさばきを見せる主人公の運転にそのままシンクロし、音楽とカーアクションがまるで渾然一体となったかのような印象を観客に与えるのである。「昔からずっと音楽が原動力になるようなアクション映画を作りたかった」と話すライト監督。彼が完成させたのはまさに、ドライブの高揚感を視覚と聴覚に伝える、近年稀に見るクールでスタイリッシュなカーアクションなのである。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス