ENGINE online/エンジン オンライン

着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。


クリックすると拡大

限定30本のLOCMAN×武田双雲の腕時計!

着けていて心地いいオンラインだけのドレス・ウォッチ。


色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには、貴方の腕にピッタリとフィットする時計があります。

文=中村光宏(本誌) 写真=近藤正一 スタイリング=森岡 弘



クリックすると拡大
ジャケット5万6000円(ラルディーニ)、セーター3万円(ジョンスメドレー)、パンツ3万3500円(インコテックス/すべてシップス 銀座店 Tel.03-3564-5547)
 本誌上でしか手に入らない逸品を紹介する「ENGINE オンライン・ショップ」で好評発売中の、「ロックマン 1960 オートマティック ENGINE限定モデル」。その最大の魅力は他では入手できない美しいネイビーブルーのダイアルですが、じつはもうひとつ、オススメしたい理由がデザインにあります。
 エッジを落とし、丸みを帯びた風防からベゼルに伸びる曲線は、ケースサイドにフラッシュサーフェス化された美しい曲面を創出するだけでなく、腕に載せた時に時計をより薄く見せてくれる効果が絶大。極限まで凹凸を無くしたデザインは、最近のドレス・ウォッチの主流である直径41mmというやや大き目なサイズをまったく感じさせません。
 そして極めつけが、絶妙な角度のラグ。レザー・ストラップが細い手首にもピッタリとフィットするよう緻密に計算されているので、手首が細い日本人の腕にも時計のヘッドがスッキリと収まってくれるのです。
 最大の魅力である地中海の海の色を表現したネイビーブルーのダイアルには、中央から放射状に光を反射するサンバースト仕上げも施しました。丸みのある風防の効果とあいまって、光の強弱や時計を見る角度によってダイアルが様々な色彩のブルーに変化するのもENGINE限定モデルならでは。ドライブに出掛ける時に、オフホワイト、カーキ、オリーブ、ネイビーブルー、ブラックの5色から選べる、しなやかなNATOストラップと組み合わせて、絶妙なフィット感と多彩なブルーを楽しんでみてはいかがでしょう?


旬のネイビーブルーはエンジンだけの特別色!
NATOストラップとオリジナルTシャツも付いてくる!!


クリックすると拡大
LOCMAN 1960 AUTOMATIC“ENGINE MODEL”
ロックマン 1960 オートマティック “エンジン・モデル”



 イタリア・エルバ島に本社を構えるLOCMAN(ロックマン)は、ケースやムーブメントの製造をすべて自社内で行うイタリア唯一のトゥルー・マニュファクチャラー。そんな本格時計ブランドが今年のバーゼルワールドで発表したばかりの新作に、ENGINEとの限定コラボ・モデルが登場しました。
 美しいサンバーストのネイビーブルーは、国内ではこのモデルのためだけの専用色。さらにケースバックには、"ENGINE"のロゴとTVなどでもお馴染の書道家・武田双雲氏が、この時計のために書き下ろしてくれた「飛」の書をエングレーブ。他のどこにもない、「ENGINE ONLINE」だけの腕時計です!
自動巻き、SS、直径41mm。染師が2日をかけ1枚1枚染め上げた天然灰汁発酵建てのオリジナル藍染Tシャツ(フリーサイズ)と、下の5色から選べる交換用NATOストラップを1本付けて9万8000円(税別)。限定30本。


クリックすると拡大
クリックすると拡大
武田双雲氏書き下ろしの「飛」の書Tシャツ!
NATOストラップは5色から選べます!
ケースバックには、“ENGINE”のロゴとTVなどでもお馴染の書道家、武田双雲氏が、この時計のために書き下ろしてくれた「飛」の書をエングレーブ。他のどこにもない、ENGINE ONLINEだけの腕時計です!




Photos by SHOICHI KONDO Styling by HIROSHI MORIOKA


【ENGINEオリジナル LOCMAN×武田双雲の腕時計】
価格:¥98,000 (税別)
ご購入はこちらから
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 ヴァシュロン・コンスタンタン「フィフティーシックス」はシーンを選ばない。
 “インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る!
 次世代のパテック フィリップ。
 若い頃から、本物を愛した男
 デザインも機能も最先端でタイムレス