ENGINE online/エンジン オンライン

ハンス・ヘルマン氏がポルシェ718を語る


クリックすると拡大
ポルシェの元祖耐久王

インタビュー=木村好宏
写真=カールハインツ・アウグスティン、ポルシェ
取材協力=キムラ・オフィス


718ボクスターの始祖
新開発の水平対向4気筒ターボ・エンジンを搭載し、新たなステージへと進化したポルシェ・ボクスター。今回から車名に“718”という数字が冠され、その名も718ボクスターに変更された。718という名称は、1950年代から60年代にかけて、タルガ・フローリオやル・マンといったレースで活躍したポルシェのレーシング・カーから取られている。レーシング・カーの718は718ボクスター同様、水平対向4気筒エンジンをミドシップに搭載していた。

718は、1954年に登場した水平対向4気筒レーシング・カーのポルシェ550スパイダーの進化版で、1957年に718 RSKスパイダーがデビュー。当初は1.5ℓだったが、翌年に1.6ℓへと拡大する。その後、1960年にはレギュレーションの変化を受けて、718 RS60スパイダーに、また1961年には718 RS61スパイダーへと進化。エンジンも最終的には2ℓが搭載された。また、RS61にはクーペ・ボディの718 GTRクーペも作られた。さらに、F2用の718F2とF1マシンの718 F1という2つのフォーミュラのほか、RS61をベースにF1用に開発した2ℓ水平対向8気筒エンジンを積む718 RS Wスパイダーも存在する。

そんな往年の718を駆り、世界の名立たるレースで活躍したのが、ハンス・ヘルマン氏である。彼に、かつての名レーシング・カーである718と、その思い出について語ってもらった。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
ル・マン初優勝の立役者
ハンス・ヘルマン氏は、1928年にポルシェのお膝元であるドイツのシュトゥットガルトで生まれた。当初は、母親の喫茶店でパティシエとして働くつもりだったが、17歳の時に軍隊の奉仕団で運転手として働いたヘルマンは、経験豊かな同僚よりもずっとクルマの運転が速くて、そして上手なことに気がつく。その後、家業には付かず、母親からの援助でクルマを購入。医者を患者のところまで送迎する運転手業を始め、その後、開業したタクシー会社で成功を収めた彼はポルシェ356を手に入れ、ポルシェとの関係をスタートさせる。
1952年に、このポルシェ356でニュルブルクリンクのレースにプライベーターとして挑み、クラス優勝。翌年にはポルシェ社からワークス・ドライバーとしてミッレ・ミリアに参戦し、ここでも見事クラス優勝を飾る。

1959年にポルシェ・ワークス・チームに戻ると、耐久レースでの活躍。1960年には718RS60でタルガ・フローリオとセブリング12時間レースで優勝する。とくに、タルガ・フローリオでは並みいる大排気量マシンを相手の総合優勝は歴史に残る快挙だった。また1970年のル・マンでは917K Hを駆り、ポルシェに初の総合優勝をもたらすという偉業を達成した。1972年にプロフェッショナル・レーシング・ドライバーを現役引退するまで、耐久レースを中心に、総合とクラス優勝を合わせて80以上もの勝利を手にした名ドライバーである。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
富士スピードウェイを舞台にBMWアルピナが所狭しと駆け回る。アルピナ社の社長やモントーヤ氏がレーシ…
NEWS
LOTUS Elise/ロータス・…
ロータス全モデルのラインナップが一新され、4車種が公開された。中でも注目は、第4世代へと進化し…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。