ENGINE online/エンジン オンライン

ユニットバスのデザイン革命。



TOTOのハイクオリティバスルーム、SYNLAの世界観を体験する。
ユニットバスのデザイン革命。

ユニットバスの常識を覆すハイクオリティなバスルーム、SYNLA。森羅万象から名づけたプロダクト名が示すとおり、五感を大事にするのが特長だ。デザインも機能も、すべてが革命的に進化したバスルームを体験した。

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

クリックすると拡大
クリックすると拡大

住宅の新築・リフォームの際に、近年関心が高まっているのがバスルームだ。特にリフォームとなると、必ずといっていいほど新しくされる。こうした状況に応えるよう、ユニットバスがどんどんと進化しているのをご存じだろうか。今までとは違う、新しい発想で作られ始めているのだ。そんな「バスルーム新時代」にあって、最先端というべき存在が、TOTOの「SYNLA」だ。では、最新のユニットバスはどんなものか。千葉県佐倉市にあるTOTOバスクリエイトで体験してきた。
そもそもバスルームへの関心が高くなったのは、「風呂場」に対する認識が変わったから。汚れた体を清潔にする場所とSYNLA長いこと見なされてきたが、寛ぎのための空間と考えるケースが増えているのである。充実したバスタイムは、心身に対して様々な効用があることは、専門家たちの研究が示す通り。バスルームは、日々の生活を豊かにする大切な空間となりつつある。SYNLAも、そうした背景から誕生した。


クリックすると拡大
クリックすると拡大

五感に訴えるバスルーム
よく知られた話だが、ユニットバス(JISが規定する基準に適合した浴室ユニット)は、1964年の東京オリンピックの際、納期短縮のためにTOTOが開発したものである。今でも、工業製品の持つ高施工性と、防水性や保温性が大きなメリットだ。ゆえに、戸建て住宅でも、ユニットバスを選択する割合は高い。
さて、最先端のユニットバスであるSYNLAについて、「視覚だけでなく触覚も含め、五感に訴えることを目指しています。光と素材にこだわりました」と説明するのは、製品開発にコンセプトの段階から関わったTOTOのデザイナー、池田恵理子さん。バスルームを、趣を感じさせる落ち着いた空間に仕上げた。大人の雰囲気に寄与しているのは、壁面に陰影を作る間接光。壁面や床材などに採用された、味のある表情をした素材も効いている。
一通り説明を伺った後は、早速ショールームの一角に設けられたコーナーで入浴体験を。まずバスルームに一歩足を踏み入れると、タイルのように見える床の柔らかな感触に驚く。それでいて一晩で床が乾く機能を備えているとは。シャワーや吐水のスイッチの操作感は感動的だ。触った瞬間に水が出て、もう一度触るとピタリと止まる。この爽快感は、説明を受けても体験しなければ分らない、想像を超えたもの。体に馴染む形のバスタブも心地よい。首、腕、肩や伸ばした足が上手く収まる絶妙なフォルムをしている。囲まれ感も絶妙だ。そしてバスタブから見上げたほの暗い空間。ほっと落ち着くとともに、1.25坪のスペースが、なんとも贅沢な広さに思えた。
こうして感想を並べて分るのは、SYNLAが目指した通りの、五感に訴える製品に仕上がっていること。値は張るものの、毎日これが体験できるとなれば、コストに見合った投資にも思える。リフォームで、バスルームを最新のものに替える人たちの気持ちが理解できた。SYNLA。かなり気になるユニットバスだ。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
ジョー スズキ
デザインプロデューサー。家具、インテリアの分野を中心に国内外のメディアに寄稿する他、講演、イベント主催、写真家としてマルチに活動。家具イベントのあるべき姿を目指したMAINのディレクターも務める。世界のトップデザイナーやメーカー社長に知己が多く、近著『名作家具のヒミツ』は、彼らへのインタビューがベースとなった。
クリックすると拡大



問い合わせ先=TOTO株式会社 お客様相談室 0120-03-1010
(受付時間:9時〜17時 夏期休暇、年末年始を除く)
http://www.toto.co.jp/
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。
WATCH/時計
ボーム&メルシエスイス…
シェルビー・コブラとのコラボ3年目の今年は、今まで以上にコブラのテイストを色濃く打ち出した。
NEWS
2月に授賞式が行われた…
アカデミー賞の歴史に残る大失態は、オスカー像を手にした『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが壇上…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年06月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年6月号
毎日が“移動祝祭日”になる、ライフスタイル・カーに乗ろう!



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。