ENGINE online/エンジン オンライン

THE FLAT HEAD × ENGINE フラットヘッドとENGINEのコラボTシャツが完成した!
新潮オンラインショップで予約受付中!


THE FLAT HEAD × ENGINE
フラットヘッドとENGINEのコラボTシャツが完成した!
新潮オンラインショップで予約受付中!

写真=鈴木 勝(Tシャツ)

世界一のクオリティを誇るフラットヘッドのTシャツに、現代アーティスト、小松美羽さんが本誌をイメージした獅子を描いた。THE FLATHEAD×ENGINEの特別コラボ商品第一弾が出来ました!


ENGINEは獅子
生地や縫製に徹底的にこだわり、クオリティの高さで有名なファッション・ブランド、フラットヘッド。本誌とのコラボレーション商品がついに完成した。第1弾となるのは、肉厚な生地に高級感があり、着こんでもネック部がしっかりしていて、長年愛用できるTシャツである。 バックには、いまや世界的に有名となった現代アーティスト、小松美羽さんが描いた獅子がプリントされている。本誌だけのために描いた獅子だ。小松さんは、本誌とのコラボレーションと聞いて、すぐに獅子のイメージがわいたという。さらに驚くのは、これまでに動物や精霊などを表現してきた小松さんが工業製品であるクルマを描いていることだ。モチーフはスポーツカー。こうして、小松さんがイメージしたスポーツカーに獅子が乗っている強烈な印象のバック・プリントが出来上がった。“神は細部に宿る”の英文はフラットヘッド代表、小林昌良さんのアイディアだ。
「ENGINEの誌面作り、小松美羽さんの作品、そしてフラットヘッドのモノ作り、全てに共通するワードとして“God in the detail”という言葉をデザインに加えました」と、小林さんは言う。 こだわりの「3本針の1本外し」縫製で作られるTシャツに、あなたも手を通してみませんか? これまでに感じたことのないプレミアムな肌触りが、アナタを魅了します! 限定100枚は売り切れ必至。お早めにお申し込みを!
クリックすると拡大


完売御礼。ありがとうございました。

クリックすると拡大
小松美羽
長野県坂城町出身の現代アーティスト。これまでに銅版画、ペイント、墨絵、有田焼とのコラボレーションなど多くの作品を発表してきた。自然や死生観などをテーマにした独自の表現は見る者を圧倒する。2014年には出雲大社に作品「新・風土記」を奉納、2015年10月からは「天地の守護獣」という名が付いた有田焼の狛犬を大英博物館が永久所蔵することになり日本ギャラリーのメインブースに常設展示中。http://miwa-komatsu.jp/
クリックすると拡大
フラットヘッドが送る毎年恒例の干支Tシャツも完成! 毎年、すぐに完売してしまう小松美羽さんの干支Tシャツ。2017年の干支Tシャツ、酉のモチーフは伝説上の生物である不死鳥です。只今、全国フラットヘッド直営店にて予約券を配布中。詳しくは各直営店までお問い合わせ下さい。THC-KM05W ¥9,800( サイズ44/46 ¥10,800)
最新記事一覧
SPECIAL
今年もやります!“FUJIオ…
エンジン・ドライビング・レッスンの午前中のプログラムとしてお馴染みのオーバル・レッスン。
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
最新のレンジローバーと、この原初のレンジローバー、どちらかを選べたら、あなたならどうします?
NEWS
812SUPERFAST/812スーパ…
フェラーリの12気筒ベルリネッタが刷新された。
NEWS
スーパーカーの父、逝く…
自動車界の巨星がまたひとつ消えた。カウンタックの生みの親がこの世を去りました。
NEWS
LUTECIA/ルーテシアCAR …
MTの導入に積極的なルノー・ジャポンは、フェイスリフト版の新型ルーテシアの発表と同時に、MTの限定…
NEWS
4月20日から30日、5月6日…
4月にオープンを控えた新複合施設、GINZA SIX。その地下3階に、観世能楽堂が引っ越してくる。能に親…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年5月号
ENGINE STYLEBOOK 2017 spring - summer 小説とファッションとクルマ
NEWS
フラッグシップの「クロ…
3月1日(水)〜31日(金)、スイスの独立系時計ブランド“EDOX(エドックス)”は、フラッグシップの「…
NEWS
東京の代官山スクエアを…
BESSが木の文化に親しんできた日本人の感性でつくり、世界に向けて発信する新世代ログハウス「G-LOG(…