ENGINE online/エンジン オンライン

新しい時代への誘い。


クリックすると拡大
サローネ・ロッソのコーディネートを手がけたインテリア・スタイリストの川合将人さん。

アルファ・ロメオのショールーム内に誕生した〝サローネ・ロッソ〟を訪ねる。

新しい時代への誘い。(2)



アルファ・ロメオ札幌東において、一番の大物として川合さんが選んだのが、USMハラーのラックだった。
 オフィスのイメージが強いが、ここで温かみがあるからと木製のラックを選んでしまうと、全体のコンセプトに一貫性がなくなってしまうという。
「僕がアルファ・ロメオで赤、と聞いて連想した家具は、このハラーだったんですよ」
 年代やモデルによって無数のバリエーションがあるアルファ・ロメオの赤いボディ・カラーだが、ハラーの赤はやや紫がかった落ち着いた色合いで、新型ジュリアのフラッグシップ・モデル、クアドリフォリオの〝コンペティツィオーネ・レッド〟をイメージさせる。


クリックすると拡大
 元々は家具オタクでしたから、と笑う川合さんだが、もちろんただ色味だけで選んでいるわけではない。機能性はもちろん、様々なスペースで使える汎用性や、長く安定して供給が可能なことなど、実際に使う人々のことを見据えての選択だ。
 ハラーの前に並ぶ、イタリアと縁の深いスツールもそうした視点で選ばれた。テーブルとしても使えるカルテル社のSTONEは、スピードを連想させる反射する光のきらめきが特徴だという。背もたれがなく、座る方向が指定されないので人が回遊し、どの位置からも自由気ままにコミュニケーションが取れるようになっている。


フロア・ランプはフロスのIC LIGHTS。
スツールはアルフレックスのPIとカルテルのSTONE。


 ちなみにイタリアのモダン照明ブランドとして知られるフロス社のランプや、デンマーク・アトモスフィア社のアルミ製地球儀は、円を基調とするアルファ・ロメオのエンブレムとの調和を狙って選んだという。
 こうして時には流れる音楽に耳をすませるラウンジとなり、時にはアルファ・ロメオに関する書籍を手に取ることもできるライブラリーができあがった。いつしか自然と人々が集い、誰もが安らぐことができる。そんなおもてなしの空間である。



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。
NEWS
FERRARI SF71H/フェラー…
昨年、シーズン後半戦に入ってもポイント・トップの地位を守り続けていたスクーデリア・フェラーリは…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。