ENGINE online/エンジン オンライン

新しい時代への誘い。


クリックすると拡大
サローネ・ロッソのコーディネートを手がけたインテリア・スタイリストの川合将人さん。

アルファ・ロメオのショールーム内に誕生した〝サローネ・ロッソ〟を訪ねる。

新しい時代への誘い。(2)



アルファ・ロメオ札幌東において、一番の大物として川合さんが選んだのが、USMハラーのラックだった。
 オフィスのイメージが強いが、ここで温かみがあるからと木製のラックを選んでしまうと、全体のコンセプトに一貫性がなくなってしまうという。
「僕がアルファ・ロメオで赤、と聞いて連想した家具は、このハラーだったんですよ」
 年代やモデルによって無数のバリエーションがあるアルファ・ロメオの赤いボディ・カラーだが、ハラーの赤はやや紫がかった落ち着いた色合いで、新型ジュリアのフラッグシップ・モデル、クアドリフォリオの〝コンペティツィオーネ・レッド〟をイメージさせる。


クリックすると拡大
 元々は家具オタクでしたから、と笑う川合さんだが、もちろんただ色味だけで選んでいるわけではない。機能性はもちろん、様々なスペースで使える汎用性や、長く安定して供給が可能なことなど、実際に使う人々のことを見据えての選択だ。
 ハラーの前に並ぶ、イタリアと縁の深いスツールもそうした視点で選ばれた。テーブルとしても使えるカルテル社のSTONEは、スピードを連想させる反射する光のきらめきが特徴だという。背もたれがなく、座る方向が指定されないので人が回遊し、どの位置からも自由気ままにコミュニケーションが取れるようになっている。


フロア・ランプはフロスのIC LIGHTS。
スツールはアルフレックスのPIとカルテルのSTONE。


 ちなみにイタリアのモダン照明ブランドとして知られるフロス社のランプや、デンマーク・アトモスフィア社のアルミ製地球儀は、円を基調とするアルファ・ロメオのエンブレムとの調和を狙って選んだという。
 こうして時には流れる音楽に耳をすませるラウンジとなり、時にはアルファ・ロメオに関する書籍を手に取ることもできるライブラリーができあがった。いつしか自然と人々が集い、誰もが安らぐことができる。そんなおもてなしの空間である。



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PSAのクルマ造りについて…
018年のパリ・モーターショウでドイツ・プレミアム御三家とともに多くのニューモデルを出展し、地元の…
NEWS
2019年から3ブランドで…
2018年のパリ・ショウで多くの電動化モデルを見せてきたPSA。その背景にはどのような問題が隠れている…
NEWS
ENGINE beat TRAVEL 2019…
10月に京都に開業した『ENSO ANGO』はコンセプトの異なる5つの棟で成り立つホテル。新しい発想で、京…
NEWS
ENGINE beat Music 2018…
ABBAのカバー・アルバムを発表したシェールと、トランプ政権を批判するアルバム『Walls』(壁)を作っ…
NEWS
Jeep WRANGLER / ジープ…
千葉県・舞浜で開催された新型ジープ・ラングラーの発表会にあわせて、本国からエクステリア・デザイ…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年2月号
ピュア・スポーツからスーパーSUVまで、百花繚乱。2018年のクルマ、8番勝負!
NEWS
FERRARI/フェラーリ今月…
エクステリアとインテリアをオーナーの望むままに仕立てる特別なパーソナライゼーション・オプション…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。