ENGINE online/エンジン オンライン

本誌時計班、本気のオススメ新作時計をラインナップ!


手元だって“ジェントルマン”


今月から時計ページ「WATCH!」がリニューアル。
第一線で活躍する時計ジャーナリストと本誌時計班が自信を持ってお勧めできる新作腕時計を、
テーマを決めて紹介していきたい。今月のテーマは、「紳士の手元に似合う新作時計」だ!
文・リコメンドする人=柴田 充 写真=近藤正一/笹口悦民(扉)
スタイリング=吉田幸弘(扉)





 かつては趣味や嗜好の対象だった機械式時計も、いまではファッションと同列で語られるようにもなった。それは時計本来の愉しみを、一部のマニアから広く一般に解放する好ましい状況を生んだ反面、アクセサリーのようなトレンド・アイテムとして捉える風潮を作ったのも事実だ。
 ファッションもそうであるように、流行を追うのは刺激的ではあっても、ただそれだけではつまらない。自分らしい1本を見つけ、そのつき合いを通して自らのスタイルを深めていくこと。それをもってしてジェントルマンズ・ウォッチ〈男の時計〉と呼ぶにふさわしいのではないか。それには時計個体の優劣を相対比較することは迂遠だろう。何よりも自分の価値観が優先されるべきだ。
 まず気をつけたいのは、時計だけが目立ってはいけないということだ。巷ではシャツのカフの先にまるでひけらかすかのように時計が鎮座しているのを見ることがある。それが許されるのは、グラブやウェット・スーツの上からつけることを想定したミリタリー・ウォッチやダイバーズ・ウォッチぐらいのものだ。
 なかには稀代の洒落者で知られるジャンニ・アニエリのようにカフの上から時計をはめた猛者もいるが、それも異端さえも是とするだけの個性と流儀があればこそ。けっして倣うことはできない。
 むしろ腕下にさり気なく収まった時計とともに、そこに目をやる洗練された所作こそ好ましく映るはずだ。全体のスタイルと調和し、自然さを感じさせる時計のつけこなしは粋な作法でもある。


Patek Philippe パテック フィリップ/Ref.5296 カラトラバ
クリックすると拡大
Patek Philippe パテック フィリップ/Ref.5296 カラトラバ
時計史に輝く至宝
1932年誕生のカラトラバはブランドを象徴する傑作。名作時計として今も最高峰に君臨する。バウハウスの影響を受けたデザインは、ケースからストラップに滑らかに続くラグによって円形と直線の自然な連なりを生んでいる。自動巻き。ローズゴールド。ケース直径38mm。233万1000円。18KRG製のカラトラバ・カフリンクスは50万4000円。





ヴィンテージ 1966 フルカレンダー ヒストリーク エクストラフラット 1968
クリックすると拡大
(上から)
Girard-Perregaux ジラール・ペルゴ/ヴィンテージ 1966 フルカレンダー
多機能を感じさせない
やや大振りな円形ケースには、左右の小窓でデイ&マンス、さらにポインターデイトとムーンフェイズを備える。精緻な技術と高いデザイン性を併せ持ち、多機能と異なる表示を組み合わせながらも調和を崩さない。自動巻き。パラジウム・ケース。ケース直径40mm。216万3000円。

Vacheron Constantin ヴァシュロン・コンスタンタン/ヒストリーク エクストラフラット 1968
薄さこそ技術の象徴
1968年に開発した超薄型ムーブメントを再設計し、ケースの厚みはわずか5.5mmに抑えている。腕に張り付くような感触は感動的ですらある。シンプルなバータイプの針とインデックスにくわえ、秒針を省き、エレガンスを極める。手巻き。ピンクゴールド。ケースサイズは縦横ともに35.2mm。277万2000円。

Chopard ショパール/L.U.C 1937
先進に息づく伝統
4時位置にリュウズを移し、装着時の手首への干渉を避ける。機能的なデザインとともに、スレートグレーの文字盤と赤い秒針の組み合わせがスポーティな味付けをくわえる。コンテンポラリーなテイストだが創業150年の名門の伝統を受け継ぐ。自社製の自動巻きムーブメントを搭載。ステンレススティール。ケース直径42mm。90万8250円。

Zenith ゼニス/キャプテン エル・プリメロ
時代を超越する存在感
ネオ・レトロのコンセプトの下、1950年代のデザインに、ブランドが誇る高振動のクロノグラフ・ムーブメント、エル・プリメロを組み合わせる。シルバー文字盤とゴールドの針&インデックスのコントラストが新鮮に映る。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径42mm。54万6000円。

H.Moser & Cie. H.モーザー/モナード・デイト
基本機能こそ最新鋭へ
シンプルな3針には、自社開発のヒゲゼンマイや調整が容易な着脱式の脱進機(=インターチェンジャブル・エスケープメント)といった高度な技術力を秘める。大きめのカレンダーは表示ディスクを2層で内蔵することで実現しており、基本機能を独創の技術で先鋭化する。手巻き。ローズゴールド。ケース直径40.8mm。225万7500円。





ブランバン/フィフティ ファゾムス トリビュート ウブロ/クラシック フュージョン ジルコニウム
クリックすると拡大
(上から)
Blancpain ブランバン/フィフティ ファゾムス トリビュート
質実剛健のダイバーズ
逆回転防止ベゼルの発明で現代のダイバーズ・スタイルを作り上げた記念碑モデルを復刻する。大型ケースは堅牢性と5日間というロングパワーリザーブの実力を象徴。文字盤には夜光塗料に放射性物質未使用の証明マークを印す。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径45mm。147万円。世界限定500本。

Hublot ウブロ/クラシック フュージョン ジルコニウム
クラシックの未来形
大胆なブランド・リノベーションを遂げたウブロの原点回帰モデル。ベーシックな3針に、急成長の原動力となっている、異素材を融合する“フュージョン”スタイルを組み合わせる。もちろんこのモデルでも、新素材への挑戦はジルコニウムを採用したケースにも発揮されている。自動巻き。ジルコニウム。ケース直径42mm。57万7500円。

IWC アイ・ダブリュー・シー/ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ
潮風の香り漂う腕下に
1967年に誕生したブランド初のスポーツ・ウォッチ「ヨットクラブ」が、「ポルトギーゼ」として現代に甦った。1つのダイアルで60分と12時間の積算表示を行うという独自の同軸クロノグラフを備えた2カウンターの文字盤が、優雅な航海の雰囲気を漂わせる。自動巻き。レッドゴールド。ケース直径45.4mm。6気圧防水。240万4500円。

Seiko セイコー/グランドセイコー 50周年メカニカル記念限定モデルSBGR065
半世紀の歴史を伝える
1960年の誕生以来、グランドセイコーは国産時計の最高峰として精度や視認性、耐久性といった時計本来の機能を追求してきた。風合いのある文字盤には、ブランドのアイコンである獅子の紋章を誇らしげに掲げる。自動巻き(Cal.9S65搭載)。ステンレススティール。ケース直径37mm。10気圧防水。47万2500円。世界限定500本。

Audemars Piguet オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オートマティック
さらにラグジュアリー
1972年に誕生したロイヤルオークは、ケースとブレスレットを一体化したデザインで、ラグジュアリー・スポーツウォッチという新しいジャンルを作り上げた。近作ではあえてレザー・ストラップを組み合わせ、さらなる新境地を開拓する。違和感を与えないのもデザインの完成度の証である。自動巻き。ピンクゴールド。ケース直径39mm。246万7500円。





Sinn ジン/556 Frederique Constant フレデリック・コンスタント/スリムライン オートマチック
クリックすると拡大
(上から)
Sinn ジン/556
“飛行機野郎”の魂を継ぐ
元ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあった創始者が1961年に立ち上げ、「ジン特殊時計会社」の社名の下、プロフェッショナル・パイロットのニーズを満たす時計を作り続ける。世界観は堅牢性と高い視認性を備えた必要最小限の機能に貫かれている。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径38.5mm。14万1750円。

Frederique Constant フレデリック・コンスタント/スリムライン オートマチック
大きさと薄さを両立
ケースは大きさと薄さを絶妙にバランスさせる。前面いっぱいをガラスで覆い、存在感を強調した文字盤は、センター寄りのレイアウトだが、ベゼルにステップをつけることで散漫さを感じさせない。リュウズなど細部までデザインにこだわる。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径42mm。3気圧防水。14万7000円。

Marvin マーヴィン/マルトン 160 ラウンド オートマティック
ゲバラが愛した時計
かのチェ・ゲバラが愛用したことでも知られる、創業160年を誇る老舗マーヴィンが新たに復活を遂げた。ブラックの文字盤にバーとローマ数字を組み合わせたインデックスを備え、コンテンポラリー感が漂う。シンプルなフェイスに対し、ケースサイドには凝った装飾が施されている。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径42mm。9万9750円。

Junghans ユンハンス/マックス・ビル バイ ユンハンス クロノスコープ
名作デザインを腕に
バウハウス出身の巨匠デザイナー、マックス・ビルが1950年代に手がけた壁掛け時計が62年には腕時計に。そのデザインを活かしたクロノグラフ・モデルが登場した。機能美を感じさせるシャープなフェイスに、丸みを帯びて大きく膨らんだ風防が温もりをくわえている。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径40mm。日常生活防水。19万9500円。

Hamilton ハミルトン/ジャズマスター ビューマチック 37mm
モダンジャズが似合う
アメリカを代表する音楽“ジャズ”は、ハミルトン創業と同時期の1890年代に誕生した。ジャズへのオマージュを込めて、ジャズ本来の自由や洗練、享楽を具現化した。クラシックな細めのストラップに、モダンなケースを融合する。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径37mm。7万7700円。



※価格は雑誌掲載当時のものです。


2010年11月号掲載



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…
ENGINE ROOM
秋だ。鮭だ。ホクホク、…
しましまの焦げ目が美味しさ、香ばしさの印のグリルパン料理。今回の素材は鮭。そう、グリルパンで楽…
NEWS
LAMBORGHINI Islero Espa…
登場から50周年を迎えたランボルギーニのエスパーダとイスレロ。これを記念してランボルギーニのクラ…
SPECIAL
“インディ500優勝ドライ…
11月10日(土)、“インディ500優勝ドライバー”佐藤琢磨氏、仙台に現る! 『ニュー・コレクショ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ