ENGINE online/エンジン オンライン

大阪・心斎橋に、こだわる“男”のための時計店が誕生!



NEW SHOP & EVENT
大阪・心斎橋に、こだわる“男”のための時計店が誕生!

厳選4ブランドがフル・コレクションでお出迎え


一流ブランドのブティックがしのぎを削る大阪・心斎橋に、時計好きな男の井戸端会議場「oomiya(オオミヤ)大阪・心斎橋店」がオープンした。 日本初となるロジェ・デュブイのサロンをはじめ、ゆったりとレイアウトされた店内では、こだわりの時計4ブランドのフル・コレクションを心行くまで見ることができる。

文=中村光宏(本誌) 写真=岸田克法/新山源一郎


 2010年10月1日、大阪・心斎橋にオープンした「oomiya(オオミヤ)大阪・心斎橋店」は、こだわりに満ちている。取り扱うブランドは、潔くもロジェ・デュブイ、IWC、ゼニス、パネライの僅か4つが中心。しかし各々のブランドは、そのすべてをみてもらいたいと大きくスペースを割き、フル・コレクションを揃えた。その数、常時250本以上というから驚く。
 絞った理由は明快で、スタッフが大好きなブランドだけにしたから。好きだからこそ知りたいという意欲が湧き、結果として常に活きた商品知識が顧客に伝えられると考えた代表取締役専務の出水孝典さんのこだわりだ。
 2階部分を専有するのは、日本初となるロジェ・デュブイのオンリー・サロン。この「サロン・ド・ロジェ・デュブイ」にもこだわった。海外で展開しているブティックと同一の、美しく豪華な仕様を誇る日本最大級のスペースに、全モデルが世界限定生産という希少ブランドなのに常時40本以上を在庫する。
知識豊富なスタッフとじっくり話して、納得いくまでじっくり時計を見て、比べて、試着して自分だけの1本との出合いまでの時間をもこだわって楽しむ――それが「oomiya大阪・心斎橋店」での正しい時計の選び方だ。
クリックすると拡大
2階部分は、日本初となる「サロン・ド・ロジェ・デュブイ」。美しい色彩感覚がいかにもロジェ・デュブイらしい優雅な空間に身を置くと、つい時間を忘れそうになる。

世界各国のブティックと同一コンセプトを持つサロンは、売場面積も日本最大級。ラグジュアリー・スポーツウォッチという新たなジャンルを切り拓いた時計をフル・コレクションで常時40本以上を誇る他、モード感たっぷりのジュエリーも充実している。

美しい艶を放つ、要所要所に配置された什器もすべてスイスから空輸されたもの。大きな什器にゆったりと1本が陳列されるさまは圧巻。

艶やかなブラックのタイルの1つ1つに、豪華なシャンデリアが写り込む2階へのアプローチ。この螺旋階段を登り切った場所に、ロジェ・デュブイだけの空間が広がる。

ロジェ・デュブイ、話題の新作

「エクスカリバー マイクロロータートゥールビヨン オープンダイヤル」
クリックすると拡大
「イージーダイバー クロノグラフ」
クリックすると拡大
「エクスカリバー マイクロロータートゥールビヨン オープンダイヤル」
ダイアル上の穴から見ることができる、ローズゴールドのマイクロローターを搭載した新型自動巻きトゥールビヨン・ムーブメントを搭載するエクスカリバーの最新作。手首に着けたまま、マザーオブパール(真珠母貝)で装飾された優美なダイアル越しにトゥールビヨンのキャリッジと自動巻きのローターの動きの2重奏を楽しむことができる。ローズゴールド。ケース直径45mm。5気圧防水。世界限定88本。1449万円。
「イージーダイバー クロノグラフ」
回転ベゼル(外周のリング部分)の凹部に特殊加工したラバーを圧入し、ベゼルに刻まれる数字を際立たせつつフラッシュサーフェス化にも成功した新生「イージーダイバー」。ラバーの恩恵で、回転ベゼルの操作性も極めて高い。プッシュボタンがあるにもかかわらず30気圧防水を確保する。他にベーシックな3針モデルもあり。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径46mm。世界限定280本。329万7000円。

1階にはIWC、ゼニス、パネライの大型什器が覇を競う。スペースもゆったりしているので、ついじっくり魅入ってしまう。時計の在庫本数は1F、2F合わせて常時250本以上。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
一流ブランドの時計が使用することで知られるフランスのオーダー・ストラップのトップ・ブランド、ジャン・ルソーも展開する。レザーの種類も豊富で、カーフやクロコダイルはもちろん、ガルーシャやオストリッチなどから選べる。
ガラスを大きく使ったエントランスのアプローチは明るく、長堀通りから気軽にフラッと店内に入ることができそう。手前左のショウケースには、店長のこだわりで導入を決めたという2つのブランドが並ぶ。
クリックすると拡大
oomiya(オオミヤ)大阪・心斎橋店のコンセプトは、「こだわる“男”のための時計店」。黒を基調に仕上げられた店内は、高級感を持つシックなもの。知識豊富なスタッフと語らいながら、じっくりと落ち着いて自分だけの1本を選ぶことができる。特に、すでにオンタイム用のファースト・ウォッチを持っている人に向け、オンのみならずオフタイムをも楽しむための2本目、3本目の腕時計の品揃えに自信あり!

「oomiya(オオミヤ)大阪・心斎橋店」 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-13-25
Tel.06-6251-0077
URL: http://www.jw-oomiya.co.jp
営業時間: 11:00〜20:00
定休日: 水曜日(祝日の場合は営業。翌木曜日に振り替え)



オープンの4日前、「ENGINE NIGHT」開催!

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ