ENGINE online/エンジン オンライン

バーゼル新作時計見本市、速報 第2弾






 記録的な輸出が続いた最盛期が過ぎ、スイス時計産業は今、進むべき道の模索の時期を迎えている。10万人もの人々で賑わった2017年のバーゼルワールドにも、そうした軌道修正の空気が色濃く感じられた。ここ数年「買い手市場」、つまりユーザー目線での時計づくりへと転換していると言われるが、今年の新作を見て、ますますそれを痛感したのだ。
 まずはコストパフォーマンスの重視。納得できる価格で、それ以上の価値を感じられる新作が豊富だった。一方で受け入れやすい、時計らしさを強調したデザインも目立ったが、その最たるものはヴィンテージ・スタイルや歴史的モデルの復刻だろう。これは、懐かしいと感じる世代向けであると同時に、若い世代に時計本来のかっこ良さを改めてアピールしようという狙いも垣間見えた。最先端のスマートフォンと伝統的な時計の「ふたつ持ち」が、今後、若い世代の洒落者像になるのかもしれない。
 そう考えると、他にも見えてくることがある。それは、ドレスウォッチ、スポーツウォッチを問わず、時計がユーザーの多様な好みや自己表現にフィットするデザインやセンスを今まで以上に求められる時代になったということだ。今年のバーゼルで発表された各ブランドの新作は、そんなユーザー目線に則って、ディテールの洗練、素材や色の巧みなアレンジが実に際立っていた。
 機械式時計は、特別な機構や稀有な技法、高度な技術力を研ぎ澄ませる一方で、各ブランドが持てる力を結集し、より個性的で今の時代にマッチしたスタイルを競う時代に突入したのだ。


2017年7月号掲載

第2弾 44ブランドの注目モデルはコレだ!


今年、エンジン編集部が、世界最大の新作時計見本市「バーゼルワールド」の会場の内外で、 1週間をかけて訪問した時計ブランドは計65。 そこで見てきた500本以上の新作の中から、編集部が自信を持ってオススメできる51本を紹介します!
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼時計 最新5件
 CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ
 PATEK PHILIPPE/パテック フィリップ
 BLANCPAIN/ブランパン
 ROLEX/ロレックス
 GRAFF/グラフ